秋の味覚の1つでもあるフルーツ「いちじく」。この時期、スーパーなどでよく見かけるいちじくですが、実は美容効果が抜群だと人気を集めているのをご存知ですか? 今回は、そんな旬のフルーツ・いちじくの気になる美容効果と、そのおいしい食べ方をご紹介しちゃいます!

1.いちじくは「不老長寿」のフルーツ?


 

出典:weheartit.com

 

その美容効果の高さから、「不老長寿」のフルーツとして愛されているいちじく。

食物繊維、鉄分、カリウム、カルシウムなどミネラル分、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどの多くのビタミン類を豊富に含んでいる万能フルーツなのです。

 

①美肌・アンチエイジング効果

 

出典:jp.pinterest.com

 

いちじくは栄養が豊富なだけではなく、メラニン色素を抑えて美白効果をもたらしてくれるザクロエラグ酸をはじめ、アントシアニン、クロロゲン酸、ルテインなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。

これらは美白効果だけではなく、細胞の酸化(=老化)を防いでくれますので、アンチエイジング効果にも期待大。

夏の日焼け、シミからお肌を回復させるためにもいちじくは欠かせないフルーツなのです。

 

②女性にうれしい便秘解消効果も!

 

出典:jp.pinterest.com

 

女性の天敵でもある便秘。

便秘が解消されることでお肌のトーンが明るくなったり、ダイエットにも効果があったりとさまざまなうれしいことがありますよね。

 

実はいちじくは便秘解消にも効果が。

ペクチンなどの食物繊維や消化酵素を豊富に含んでいるので、お通じの悩みを改善してくれるのです。

また、タンパク質分解酵素も豊富なので、消化促進にも期待ができちゃうのです。

 

2.ドライいちじくの方が体に良い?


 

出典:jp.pinterest.com

 

同じいちじくでも、乾燥させたドライいちじくの方が美容効果が高いと言われています。

その理由は、乾燥させることによって水分量が減り、その分鉄分やカリウムなどのミネラル分や食物繊維の含有量が多くなるため。

 

1日にドライいちじくを3つ食べれば不足しがちな鉄分量を補うことが出来るとも言われています。

鉄分含有量が多いドライいちじくは女性の多くが悩んでいる貧血などにも効果がありますよ。

ただ、ドライいちじくは整腸作用も強く出てしまいますし、もちろんカロリーも低いわけではありませんから、食べ過ぎには要注意してくださいね。

 

3.おすすめいちじくレシピ


 

出典:jp.pinterest.com

 

タルトやケーキなど、いちじくを使った美味しそうなスイーツが多く並ぶこの季節。

もちろんそのまま食べても美味しいですが、よりいちじくの効果を高められるおすすめの食べ方をご紹介します!

 

 

①いちじくヨーグルトスムージー

 

出典:jp.pinterest.com

 

お腹にも良いヨーグルトと、いちじくを組み合わせたスムージー。

便秘で悩んでいる方はもちろん、ダイエットにも効果が期待できそうなスムージーです。

 

いちじくのまろやかな甘みとヨーグルトが絶妙に合うこちら、作り方はとっても簡単。

いちじく、ヨーグルト、はちみつをミキサーに入れて混ぜるだけ。

朝の忙しい時間や夕食後に味わいたいですね。

 

 

②いちじくと生ハムのサラダ

 

出典:jp.pinterest.com

 

レストランなどで目にするレシピの1つですが、お家でも簡単に作れちゃうんです。

ベビーリーフやレタスの上に、いちじくと生ハム、それにちぎったモッツァレラチーズを乗せるだけ。

生ハムとチーズの酸味に、いちじくの優しい甘さが合わさってお箸が止まらない美味しさです。

 

ドレッシングはバルサミコ酢もおすすめですが、オリーブオイル、レモン、塩胡椒でさっぱりと味付けるだけでも充分。

ワインにも合うので、晩酌のおつまみとして取り入れても良いかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?

女性に嬉しい効果がたくさんのいちじく。

そのままかぶりつくでも、バッグの中にドライいちじくを常に忍ばせておくのも◎。

旬のこの時期にぜひ食べて、体の内側からキレイになっちゃいましょう!



関連記事

・今時のリングは重ね付けが素敵♡思わず見惚れる手元になれる重ね付けオススメリング

・メイクポーチを選ぶ☆おすすめポーチ特集

・いつものスキンケアとメイクが安心♪旅行先でマイアメニティグッズを使いこなすには?