2年ほど前のことになりますが、鳥取大学医学部の教授がテレビで、「アロマセラピーで認知症の予防や改善が」できると発表したことで、アロマがグッと身近になりました。 日本ではまだ医療の現場で使うことは禁じられていますが、フランスでは薬と一緒にアロマが処方されることもあります。臭いをかぐといった行為で得られる様々な効果について、普段の生活に役立つTipsをご紹介してまいります。

香りで癒されるしくみ


 

出典:jp.pinterest.com

 

 

人間には香りの好みがそれぞれありますが、その香りの好みを決めているのは「脳」です。

香りは揮発性の分子として空気中をさまよいます。その分子を鼻の奥の嗅細胞が捉え、香りを電気信号へと変換し、大脳辺縁系に運びます。

この大脳辺縁系の中には海馬と偏桃体という本能的な情動や行動、記憶にかかわりのある部位があり、香りは嗅神経を通じてダイレクトに海馬を刺激することがわかっています。

 

味覚や視覚といった五感の中でも、嗅覚は脳へ伝わる速度が一番早く、なんと0.15秒。

心地の良い香りをかいだときに、0.15秒でいい香りだなぁと脳が判断するわけです。

ちなみに、手をつねって痛いと脳が感じるのには0.9秒かかるらしいので、嗅覚がいかに早いスピードで脳に伝わるかわかりますね。

 

大脳辺縁系に伝わった電気信号は視床、視床下部、脳下垂体へと伝わります。

「視床下部」はホルモンなどの内分泌系や自律神経をコントロールしているところです。

「脳下垂体」も内分泌系を調整するホルモンを分泌して副腎皮質などに影響を与えます。

香りは記憶や感情の他に内分泌系に大きな影響を与えるのです。

 

女性ホルモンを活性化させるアロマ


 

出典:jp.pinterest.com

 

年齢とともに減っていくといわれる、女性ホルモン。

いつまでも女性らしく美しくいられるために、アロマの力を借りて満たしていたいですよね。

 

有名なのはローズの香りです。

ローズには女性ホルモンを整える力があるので、女性らしさをより高める効果があると言われています。

香りもよいのですが、肌に使っても美容効果が高いのが特徴です。

 

オイルは非常に高価ですが、ホホバオイルやココナッツオイルやアルガンオイルなどにほんの数滴たらして用いると、シミ、シワ、ハリ、乾燥肌にもよいとされ、アンチエイジングに最適なオイルだとされています。

 

出典:jp.pinterest.com

 

ローズと似たような働きをするオイルに「イランイラン」「クラリセージ」「ジャスミン」「ゼラニウム」があります。

 

イランイランには催淫効果も有名ですね。

官能的な香りでリラックスさせてくれます。

 

クラリセージには皮脂分泌のバランスを整える作用があるので、キャリアオイルと混ぜて頭皮のマッサージをすると効果的です。

 

ジャスミンの香りには出産の苦痛を抑えてくれる効果もあるんですよ!

その他に、肌を柔らかくしてくれる作用があるので、乾燥肌のケアに適しています。

 

肌に直接原液のまま使えるアロマオイルは「ラベンダー」と「ティートゥリー」と「ラヴィンサラ」の3種だけだと覚えておいてください。

その他のオイルは、キャリアオイルで希釈して用います。

 

ダイエットには柑橘系が◎


 

 

出典:jp.pinterest.com

 

オレンジ、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の香りは、幸せホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を増やし、ストレスによる過食を防いでくれる効果があります。

特にグレープフルーツは肝臓に働きかける作用があるため、体の余計な水分を排出してむくみを取ってくれるデトックス効果も。二日酔いにもよいとされているんですよ。

 

寒くなってくると食欲が止まらなくなってしまう人は、一度グレープフルーツのオイルで深呼吸してみてください。食べたい気持ちが和らぎます。

 

すでについてしまったぜい肉にアプローチするアロマもありますよ!

ここでセルライトを除去するアロマオイルの作り方をご紹介しますね。

 

準備するものは、

・ホホバオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイル 30ml

・ジュニパー 5滴

・グレープフルーツ 3滴

・ブラックペッパー 2滴

 

これらをよくブレンドして、憎きセルライトをマッサージします。

手のぬくもりで温めながら少し痛いくらいマッサージすると効果的。

 

ジュニパーは精油の中で一番デトックス効果が高く、むくみや老廃物の排出によく使われるオイルです。

ブラックペッパーは体液循環を良くする効果があるので、マッサージオイルに最適なんです。

むくみやセルライトが気になっている人は試してみてくださいね。

 

腸内美人は肌美人


 

 

出典:jp.pinterest.com

 

腸内細菌のバランスが整っていないと肌荒れの原因になることはよくご存じかと思います。

臭いをかぐことで、腸内のバランスを整えてくれる精油もあるんですよ♪

 

「プチグレン」がその代表格。

プチグレンはビターオレンジの木の葉や小枝から抽出された精油です。

 

ビターオレンジは花は「ネロリ」という精油となり、実は「オレンジ」葉や小枝は「プチグレン」と丸ごと精油になる優秀な木なんです。

胃もたれや消化不良、下痢、便秘など様々なお腹の不調にアプローチしてくれるので、1本持っておくと便利な精油です。

 

うつや心配事などにも効果を発揮してくれるので、心が浄化され、お腹の調子も整えば、おのずとお肌も綺麗になるはずです。

是非お試しあれ。

 

 

私たちの生活をより豊かにしてくれるアロマの力。

取り入れないのはもったいない。

気になる精油があったら是非試してみてくださいね♡

妊婦さんは使えない精油もあるので、ご注意ください。

また肌につけるときはパッチテストをしてくださいね。



関連記事

・100均でインテリアデザイン!プチプラですぐに作れる、可愛いお部屋特集♡

・女性らしさ抜群! 華奢なデザインが可愛いプチプラリングショップまとめ

・instaウケ◎子供も喜ぶ♪プチプラ可愛いクリスマスケーキ特集!ホームパーティーで大活躍♡