あなたは貯金をしていますか?それって、平均より多い?少ない?・・・お金のことってあんまり人と話せないから、わからないですよね。そこで今回は、知っているようで知らない貯金事情を解説いたします。「貯金したいけど、うまくいかない・・・」そんな一人暮らし女子の方、必見ですよ!

実際、いくら貯金してるの?


pinkomelet/Shutterstock.com

他の人がどれくらい貯金しているのか、気になりますよね。

友人であってもお金の話はなかなかしないもの。

 

そのため、自分の貯金額が多いのか少ないのかがわからず、不安を感じてしまう方も少なくないようで…。

よこやま‏ @ykym1213

20代で一人暮らししてる女の人の貯金額ってどんなもんなんだろ… 月々全く貯金してないんだけどみんなそんなにしてるのってぐらいしてる気がする

出典:twitter.com

カネゴン‏ @kisUiiki

都内で一人暮らししてる20代後半の女の人が、一体平均的にどのくらいの家賃のとこに住んでいて、いくらくらいお給料を貰って、いくらくらい使って、いくらくらい貯金してるものなのか、ガチで教えて欲しい。

出典:twitter.com

 

ずばり、一人暮らし女子に毎月の貯金額を聞いたアンケートがありました。

結果は次のとおりです。

Q.一人暮らしで毎月いくら貯金していますか?

 

1位「4万~6万円未満」……33.4%

2位「2万~4万円未満」……28.0%

3位「0~2万円未満」……19.0%

4位「6万~8万円未満」……10.5%

5位「8万~10万円未満」……6.7%

6位「10万~12万円未満」……1.4%

出典:woman.mynavi.jp

 

一人暮らし女子の貯金額は4~6万が多いようですね

仮に月5万貯金するとしたら、1年で60万円を貯金できる計算になります。

 

厚生労働省の最新の調査によると、女性が初めて結婚するときの平均年齢は「28.6歳」となっているので、

もし大学を出てからの5年間、一人暮らしで貯金をし続ければ、結婚するころには500万円が口座に入っていることになりますね。

 

どうやって貯金してるの?


Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

4~6万を「多い」と思うか「少ない」と思うかは人によりますが、どちらにしろ実家で暮らすよりも家賃や光熱水費などの生活費がかかるため、貯金には何かしらの工夫が必要ですよね。

一人暮らし女子は、貯金をするためにいったいどのような工夫をしているのでしょうか。

 

 

・給料の一部を自動で貯金する

PHENPHAYOM/Shutterstock.com

給料が振り込まれたら、一定額を別の口座に振り込まれるよう手続きをしておく、という方法です。

 

銀行の自動送金システムを利用した貯金ですね。

手続きは、給料が振り込まれる口座の銀行でカンタンにできますよ!

 

たとえば毎月25日が給料日なら、27日に自動送金するように設定すればいいのです。

この「強制感」が、誘惑の多い一人暮らし女子には大切ですね。

 

 

・生活費以外は全部貯金

Worranan Junhom/Shutterstock.com

貯金額を決めるのではなく、生活にかかる額を決めるという方法もあります。

 

たとえば…

 

家賃70,000円

光熱水費10,000円

通信費15,000円

食費15,000円

雑費5,000円

交際費10,000円

 

計125,000円

 

と見積もったなら、それ以上のお金を口座から引き出さない。

場合によっては、袋分けしてお金を管理することも。

 

つまりは、

「自分の生活に、いくらお金がかかっているのか」

をきちんと把握すること。

 

一人暮らしは、自分で稼いで自分で使うからこそ、金銭面での自己管理能力が重要になってくるわけですね。

 

 

・固定費を見直す

TWStock/Shutterstock.com

さきほど、「生活費以外を貯金にまわす」という話をしましたが、かしこい一人暮らし女子はそもそも生活費にお金をかけないことが多いようです。

 

生活費のムダは、固定費を見直すと改善します。

固定費は、毎月定額だったり基本料金が発生する費用のことで、家賃、光熱水費、通信費などを指します。

 

・家賃は高すぎないか?(安い所に引っ越しする?)

・光熱水費は節約できないか?(電気のアンペアを下げる?)

・通信費は適切か?(スマホの契約内容を見直す?)

 

一人暮らしを始めたばかりの人にとっては、社会の仕組みを知れるいいチャンスになりますよ。

 

 

・服は基本セールで買う

Kamil Macniak/Shutterstock.com

服やバッグ、化粧品など身だしなみのための出費は、一人暮らし女子には欠かせないもの。

だからこそ、かしこく節約しています。

 

服などは基本セールで購入。同じモノが、数か月待つだけで安く手に入りますからね。

化粧品は質より量で選び、物に頼らず技術を磨くこと。

また、最近流行っているフリマサイトを利用して、中古品を安く手に入れるのもアリです。

 

このようなちいさな努力が、貯金につながっているのですね。

 

 

・交際費はケチらず、けれど限度は設けて

Mooid Art/Shutterstock.com

一人暮らし女子の大きな出費といえば、交際費。

友人や恋人との食事・デートは楽しいですし、思い出は財産です。

 

しかし、本気で貯金がしたい一人暮らし女子は、交際費に限度を設けているようです。

たとえば、「外食は月2回まで」など。

 

そういったマイルールをできる限り心がけることが、貯金成功への第一歩かもしれませんね!

 

 

・自炊を楽しむ

 

食費はムリして切りつめるのではなく、楽しく節約している人が多いです。

「今月は1万におさめるぞ!」とゲームのように楽しむといいでしょう。

 

また、スーパーで売っている食材は一人暮らしにはサイズが大きいことが多いですよね。

使いきれない食材にお金を出すよりも、割高だけどカット野菜や冷凍食品などを利用したほうが、結果的には食費が浮くこともありますよ。

 

何のために貯金をするの?


QMTstudio/Shutterstock.com

azk‏ @wo_az

なんとなーく気になったのとアンケート機能使ってみたいという理由から…

みんななんのために貯金してるの?

53% 将来のため(結婚、老後など)、養育費等

13% 旅行したい、モノ(家や車等)が欲しい

25% なんとなく、趣味=貯金的な

9% 投資資金

出典:twitter.com

 

貯金をする理由は人それぞれだと思いますが、特に一人暮らし女子が意識するのは「結婚」ではないでしょうか。

 

 

どんなタイミングで何が起こるかわからないのが人生です。

一人暮らしでも、工夫次第で貯金はできますので、ぜひ出来そうなことからチャレンジしてみてくださいね。



関連記事

・パナソニックのショールームはイベントが盛りだくさん!!気になるイベントを要チェック♡

・anan×カルビー♡芝生の上でポテチを食べながら映画鑑賞できちゃうってホント?

・彼部屋の雑貨にも◎キッチンキッチンの注目アイテム7選