今インスタなどSNS上で話題になっている「フルーツドレス」。みなさんはもう試してみましたか?フルーツや野菜をドレスのような形に切って子どもや女性の体に合わせるフォトジェニックな一枚。今回は、「フルーツドレス」を上手に撮るコツや撮影方法をご紹介していきます!

1.フルーツはドレスをイメージして自由に切る!


 

 

instaで流行になっているフルーツドレス。

フルーツの切り方ひとつで、どんなドレスでも作れちゃうのが特徴です。

裾部分を広く切ればまるで結婚式で着るカラードレスを思わせるような華やかなロングドレスに、スカート部分を細めに切ればタイトスカートに。

ノースリーブや半袖など、袖部分も自由自在に作ることができます。

 

instaなどでよく使われているフルーツはスイカやパイナップル。

薄く切ることで持ちやすくなりますし、形も調節しやすいですね。

ほかにも、束のバナナを使い、曲がった部分から風になびくスカートをイメージさせたり、イチゴを半分に切り帽子のように使うのもおすすめ。

フルーツは赤や黄色など色鮮やかなものが多いので、フォトジェニックになるんですね。

 

また、フルーツだけでなく、野菜を使ったドレスも人気。

レタスはフリルのついたふんわりスカートのドレスに、ブロッコリーも逆さまにすればふくらみのあるスカートに。

 

ドレスにする食材を決める時は、なるべく形のくずれない固めのフルーツや野菜がおすすめです。

トマトなどは色合いがかわいくてステキですが、水分が多く形が崩れやすいのでフルーツドレスに向かないでしょう。

野菜やフルーツ本来の形を生かした、自分だけのキュートなドレスを作ってみてはいかがでしょうか。

 

2.遠近法がポイント!


 

 

 

続いては撮影法についてご紹介。

フルーツドレスを上手に撮るコツは、遠近法を上手に使うこと。

カメラに対して奥側にモデルを配置しポーズをとってもらい、手前にドレスを持ち位置を合わせます。

 

家の中で撮るのもステキですが、もっとインスタ映えを狙うなら外での撮影がおすすめです。

外だったら遠近の調整もしやすいですし、緑あふれる公園や夏らしい海をバックに撮れば、よりフォトジェニックになりますよ。

 

3.どのモデルにフルーツドレスを着せる?


 

 

自分、友達、子ども…フルーツドレスを着せるモデルも一工夫。

 

例えば、赤ちゃんにフルーツドレスを着せてinstaに投稿したいとき。

すぐに動いてしまう赤ちゃんは、仰向けに寝かせた状態で撮影するのがおすすめです。

赤ちゃんは足や手が短く体も小さいので、フルーツの切り方も工夫して。

三角形に切って裾の広がったドレスを作ったり、ドレスとおそろいで帽子やリボンを頭につけてあげるのもかわいいかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?

SNSで話題のフルーツドレス。

夏の代表フルーツ・スイカを使ったドレスが人気ですが、それ以外のフルーツでももちろんキュートな仕上がりに。

家にある野菜を使ってでもできます。フルーツ、野菜、カメラさえあれば撮れちゃうフォトジェニックな一枚に、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・他人と被らない大人カワイイスマホケース♡サミールナスリって知ってる?

・可愛すぎる限定コラボ♪サマンサタバサからくまのプーさんグッズが新発売♡

・いつまでも自分らしい私を愛そう♡年齢に捉われず輝き続ける3つの方法