使い終わった香水の瓶、かわいくて捨てられずにいる人が多いのではないでしょうか。見ているだけでも癒されるデザインの香水瓶が多いですが、できれば有効活用したいですよね。香水瓶をDIYでおしゃれなインテリアやディフューザーにして楽しむ方法をご紹介していきます。

お気に入りの香水瓶の使い道


 

出典:up.myreco.me

beauty_mmr@beauty_mmr

 

香水瓶って、見ているだけでも癒されるような可愛いデザインのものが多いですよね。

香水を使い終わった後も、捨ててしまうのはもったいない気がしませんか?

捨てるのはもったいなくてなんとなく残してあるけど、使い道もなくどうしたらいいのか分からない…という方へ、今回はお気に入りの香水瓶をリメイクする方法についてご紹介していきたいと思います。

 

<アドマイザー部分の取り外し方>

香水瓶と言えば、シュッと香水を吹き付けるためのアドマイザー部分がついていますよね。

瓶をリメイクするためには、このアドマイザー部分を取り外しておきたいところです。

 

取り外し方は簡単。

用意するものはニッパーだけです。

アドマイザーと瓶の接触している部分にニッパーを隙間から差し込み、アドマイザーを金属部分を広げていきます。

広げたら、金具に切り込みを入れましょう。

そのあとは、瓶からゆっくりとアドマイザーを外せば完成です。

 

インテリアとして


 

出典:up.myreco.me

Kanon@cosmeholic___

 

アドマイザーを取り外した香水瓶は、用途がたくさん!

置いておくだけでもかわいい外観を活かして、インテリアにしてみるのはいかがでしょうか。

中にビーズやパールビーズなどを入れると、キラキラしてとてもかわいいですよね。

瓶は透明なものが多いので、裏側にデザインペーパーやマスキングテープを貼っても、一味違った香水瓶を味わえてとてもかわいいこと間違いないでしょう。

インテリアとしての香水瓶は、玄関やトイレなどに置いておくだけで、おしゃれ感満載ですよね♪

 

もう一つおすすめなのが、一輪ざしの花瓶にするというアイディア。

小ぶりな花や、一輪程度のお花なら、香水瓶にさして飾っておくのも良いでしょう。

花をさす前に、香水瓶はよくすすぎ洗いしてくださいね。

本物のお花をさすのももちろんいいですが、造花をさして飾るのもおしゃれな使い方です。

造花なら、定期的なお手入れも必要なく、インテリアとしての役割を立派に果たしてくれるので、とてもおすすめなんですよ♪

 

ディフューザーとして


 

出典:up.myreco.me

rnmms2@rnmms2

 

そして、香水瓶をリメイクするとっておきの方法が、ディフューザーにしてしまうというもの。

ディフューザーとは、お部屋などの空間にいい香りを充満させるためのもので、おしゃれな雑貨屋さんにいくと結構なお値段で売られていますよね。

消耗品だから、できるだけ安くすませたいという方に、このリメイクは本当におすすめなんです。

DIYして、オリジナルのディフューザーを作ってみませんか?

 

作り方はとても簡単ですよ。

アドマイザー部分を取り外した香水瓶を、よく洗い流し、乾燥させておきます。

無水エタノールと好きな香りのアロマオイルを香水瓶の中に入れます。

好みのアロマオイルを使えるので、自分の好きな香りにできるのがいいですよね♪

また、複数のアロマオイルを調合してオリジナルの香りを作るのも楽しそうです!

最後にリードスティックを数本、香水瓶にさせば完成です。

 

リードスティックは、オイルを吸い上げ、部屋に香りを放出するための大切な道具ですので、必ずさすことをおすすめします。

100円ショップでも手に入りますし、色味もたくさんありますよ。

香水瓶やお部屋の雰囲気に合わせて選んでみてくださいね。

 

香水瓶のディフューザーをさりげなく部屋に置いておくと、いい香りも楽しめる上に可愛いインテリアとしても楽しめます。

視覚と嗅覚の両方で楽しめるのが、とてもいいところですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

お気に入りの香水瓶をリメイクする方法をご紹介しました。何もせず飾っておくだけでもかわいい香水瓶に、ひと手間加えるだけで、DIYしたとは思えないクオリティのインテリアができてしまいますよ♪

ぜひ、やってみてくださいね。

 

関連記事

・新しい手帳のはじめどき!人気のほぼ日手帳を使いこなす技6選

・2017年秋は「ポム顔」旋風が巻き起こる!ポムポムプリンと可愛い「ポム顔」で楽しもう♡

・現代病?ストレートネックってどんなもの?