マインドフルネスって聞いた事ありますか?GoogleやMicrosoftなど海外の有名企業などで取り入れられ、日本でもテレビや雑誌などで紹介されるなど「最高のパフォーマンスを引き出す手段」として今、大注目されています。毎日、いろいろ考えなきゃいけない事や乗り越えないといけない事が多くストレスを感じている人にもおすすめのマインドフルネス。今回は経営者やアスリートも実践しているマインドフルネスについてご紹介します♡

話題のマインドフルネスって?


 

出典:Max4e Photo/Shutterstock.com

 

マインドフルネスって最近テレビなどでも紹介されたり、企業研修に取り入れられたリしているので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?マインドフルネスとは表現する日本語が無いので英語を簡単に訳すと「今に集中している心のあり方」という意味になります。

 

しかしこれだけだと??とクエスチョンマークが頭に浮かんでしまいますよね。簡単なイメージとしては今していることに集中すること。

 

例えばご飯を食べている時、ご飯の香り、味、見た目、温かさや食感などを意識する。飲食中ってそのご飯だけでなく、食べ終わったら何をしよう?などご飯以外の事も考えて食べますよね。それをご飯だけに集中するんです。ご飯を食べている事に五感のすべてを使ってご飯に集中する。そうすることでマインドフルな状態になり心が満たされ心を整えてくれます。

 

マインドフルネスは「マインド=心」「フル=満たされた状態」という考えをベースに作られています。

 

マインドフルネスがもたらす効果とは?


 

出典:RossHelen/Shutterstock.com

 

大手企業や政府なども研修で取り入れているマインドフルネス。その効果はどうなんでしょうか?

 

私たちは生活の中でいろいろな事を感じたり思ったりしていますよね。不安や恐怖などと戦ったり、どうでもいいことを考えたりと常に頭の中でいろいろな声が聞こえてあれこれ考えすぎの状態が1日中続きています。

 

これが否定的な言葉や不安をあおる言葉だったりすると気持ち的にも下がってパフォーマンスも落ちてしまいます。そこで雑念や不安を取り除くように気持ちを整理して、自分自身の中心を見つめ直すことで集中力や直感力などが高まり仕事のパフォーマンスを向上。

 

野球で「ゾーンに入っていますね。」などの解説をされることがありますが、まさしくそのように集中して能力を発揮する効果がマインドフルネスにはあるんです。さらに研究が進んでうつや自閉症への認知療法、ホスピス緩和ケアにも効果的と証明されています。

 

マインドフルネスの瞑想のやり方


 

出典:Kitja Kitja/Shutterstock.com

 

マインドフルネスになるための瞑想のやり方もご紹介しておきます。いきなりマインドフルネスを使いこなすのは難しいので少しずつ焦らず習得していきましょう♪

 

まずは立っていても座っていても大丈夫なので姿勢を正しましょう。姿勢を正しくすると方に力が入りがちに。深呼吸して肩の力を抜きましょう。そしたら首を少し下に傾け目を半分閉じぼーっと1点を見つめて呼吸をします。この時、呼吸に集中し、吸ったり吐いたりする時にお腹の動きを感じましょう。これを5分~10分くらい続けます。

 

えっ?これだけでいいの?と思うくらい簡単です。でもこれをすることによって脳を空っぽにして心のデトックスをすることができるんです。

 

その他にも3分ほど心で思った事を全部書き出すだったり、会話やテレビをつけずゆっくり食事だけに集中して食べるなどの方法もあります。最近ではマインドフルネスの動画なども簡単に見られるので参考にしてみて下さいね♡

 

 

いかがでしたか?マインドフルネスを上手く生活に取り入れて、気持ちをリセットしたり心が満たされたと感じる時間を作りましょう♪

 

関連記事

・センスで喜んでもらおう♪友達に出産祝いを贈る時のマナーとオススメギフト

・オーガニックな生活は健康にも◎~ワンランク上のライフスタイル~

・実は知らない?タイツのデニール 厚さと見た目のまとめ♡理想の足元に近づこう♪