近年、話題になり始めた「デジタルノマド」という働き方をご存知でしょうか? まだまだ広まってはいないものの、新しい働き方として注目されています。 今後デジタルノマドが主流になるのも遠い未来の話ではないかもしれません。 そこで、このデジタルノマドについて知識を深めていきましょう!

デジタルノマドとは?


 

出典:Roma Black/shutterstock.com

 

まずは、デジタルノマドをご存知ない人のために、その意味からご説明します。

デジタルノマドとは、簡単に説明すると「PCやスマホなどの仕事に使うデジタル機器と生活に必要な荷物だけを持ち、住みたい場所へ移動しながら暮らしている人々」のことです。

ノマド(nomad)=遊牧民というところからその名がついています。

 

「仕事をする」ということで一般的に連想するのは、決まった職場に出勤し、定時までは働くといったスタイルですよね。

デジタルノマドには、その一般的なものがありません。

職場は自分で決めることが出来ますし、働く時間も自由です。

フリーランスが多いですが、会社員がこのデジタルノマドであることもあります。

海外では珍しくないのだとか。

日本では「リモートワーク」といって、自宅勤務を取り入れている企業も出てきましたが、これもまだまだ少数です。

 

デジタルノマドがどのようなものか、おわかりいただけましたでしょうか?

意味はわかっても、学校やオフィスで団体の中で暮らしてきた時間が長い分、どのような生活をしているのか想像がつきづらいものです。

それでは実際に、デジタルノマドの生活を覗いて見ましょう!

 

デジタルノマドのライフスタイルは?


 

出典:Ditty_about_summer/shutterstock.com

 

それでは早速、デジタルノマドの1日のスケジュールの一例を見てみましょう。

 

5:00 起床。朝食や1日の予定設定。

5:30 旅先の景色を見ながら少しのウォーキング。

6:00 居住先で仕事開始。

11:00 昼食に出かける。ここで食べながらメールのチェックをすることも。

12:00 近くの観光地を巡る。

15:00 カフェや公園などで仕事開始。

19:00 仕事終了。現地の友人と夕食。飲み歩くことも出来る。

21:30 帰宅。入浴など自由時間。

23:00 就寝。

 

このように、朝早くから仕事を開始し、途中に観光を挟みながら友人との時間も作ることが出来ます。

もちろん、午後に力を入れて働くことも可能です。

自由気ままでありながらも、仕事時間はしっかり取っていますよね。

好きな時間と場所で仕事ができ、休憩も自由でやりたいことが出来る…何だかいいことだらけのように感じるデジタルノマドですが、デメリットはあるのでしょうか?

 

メリット・デメリット


 

出典:Mooshny/shutterstock.com

 

ここで簡単にメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

<メリット>

 

・出勤時間が不要

・人間関係のストレスがない

・自分だけで集中できる

・友人との時間が取りやすい

・イベントに参加しやすい

・旅行をしながら仕事が出来る

 

<デメリット>

 

・仕事を自分で探す必要がある

・自分で時間管理をしないといけない

・仕事の相手とコミュニケーションが取りづらい

・インターネット環境がないと仕事が出来ない

・デジタル機器が壊れると仕事が出来ない

 

このように、長所は短所にもなり得るということが言えそうです。

 

向いている人


 

出典:Olena Yakobchuk/shutterstock.com

 

ライフスタイルやメリット・デメリットを知った上で、デジタルノマドが向いている人はどのような人でしょうか?

まずは、必要な要素を4つ述べます。

 

・管理能力が高い人

 

自由な時間と場所で働けるということは、誰にも見られていない環境のため、ついサボりがちになってしまいます。

きちんと自分の意志で仕事をしようとしないと出来ません。

また、給料が固定されていないので、収入を考えながら旅の計画も立てなえればなりませんね。

 

・スキルがある人

 

デジタルノマドの多くは、プログラミングやウェブデザイン、ライティングなどの仕事をしています。

デジタル機器を使って出来る仕事のスキルがないと、当然仕事はありません。

 

・仕事を探せる人

 

スキルがあっても、それを伝えることが出来なければなりません。

仕事を貰うのではなく、自分で取りにいく能力が必要です。

 

・身軽な人

 

旅をしながら生活するので、物がたくさんあると大変です。

気軽にあちこちと移動出来る人が適しています。

 

性格としては、好奇心旺盛な人、コミュニケーション能力がある人が向いていると言えそうです。

 

 

デジタルノマドについてまとめましたが、その実態はおわかりいただけたでしょうか?

あなたのこれからのライフスタイルの参考になれば幸いです♪

 

関連記事

・anan×カルビー♡芝生の上でポテチを食べながら映画鑑賞できちゃうってホント?

・便秘の皆さん集まれ~!食べても太らない「腸活」しましょっ

・掃除用品を変えるだけで毎日が楽しくなる!ユニークグッズ5選