秋冬のファッションに欠かせないアイテムがタイツですよね。タイツの価格は様々ですが、高価なものになると数千円になることもあり、消耗品と分かっていても長持ちさせたいのが本音です。少しでもタイツが破れない方法をまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

意外すぎる冷凍庫を使った方法


Phonlamai Photo/shutterstock.com

新品のタイツを包装から取り出し、水で濡らします。

この時軽く濡らすのではなくしっかりと濡らしてください。

そして濡れたタイツを密封できる袋に入れ、冷凍庫に一晩いれておきます。

冷凍庫から取り出し、氷が溶けるのを待ちましょう。

完全に溶けきったら水を軽く絞ってから乾かします。

 

この一手間でタイツの繊維に使われているナイロンが縮み、繊維の密度が増すため伝染しにくくなります。

一度この一手間をかけておけば、その後は洗濯の度の同じことをする必要はありません。

 

手のケアを念入りに!


Africa Studio/shutterstock.com

タイツを履く時にどうしても爪やささくれが引っかかってしまいますよね。

 

それによってできてしまった「ほつれ」から、タイツが伝染したり破れたりすることも少なくありません。

普段からネイルのお手入れをしっかりとして、爪に角ができていない状態にしておきましょう。

折れた爪のままタイツを履くなんてもってのほかです!

そしてタイツを履く前にはしっかりとハンドクリームで爪の周りまで保湿します。

そうすることで小さなささくれなども落ち着き、タイツに傷をつけてしまう可能性を減らせます。

 

洗濯方法にも工夫を!


Andrey_Popov/shutterstock.com

タイツを洗濯する時は冷たい水を使うようにしましょう。

温かいお湯はタイツの繊維を緩めてしまうので、タイツをもろくしてしまいます。

そしてネットに必ず入れて他の衣類との摩擦を最小限に防ぎます。

 

また、欠かしてはいけないのが柔軟剤の使用です。

柔軟剤を使用することで、静電気や摩擦から強くなります。

いつもの洗濯に一手間加えてみてくださいね。

 

意外と頻繁に洗った方が良い!


Bolyuk Rostyslav/shutterstock.com

タイツを着用すると必ず皮脂などの汚れが付着します。

皮脂は時間が経って酸化してしまうと落ちにくくなり、結果としてタイツを洗濯する際に負担がかかってしまいます。着用したらできるだけ速やかに洗濯し、汚れを落とすことで洗濯時のダメージを最小限におさえることができるのです。

意外と思われるかもしれませんが、考えてみると理にかなっていますよね。

 

 

このように正しいお手入れを行えば、タイツは長持ちします。

タイツが長持ちすればお財布にも優しいですし、環境にも良いのでエコにもつながります。

着飾るだけがおしゃれではなく、着ているものをいかに正しくお手入れできているかもとても重要ですよね。

今一度タイツのお手入れ方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・あなた好みのお部屋へコーディネート♡お洒落インテリアカラーノート

・美味しいハロウィンを楽しもう♡ハロウィン限定スイーツ3選

・激ウマローカルフードを救え!これからは群馬県高崎市の「絶メシ」が熱くなる!