殺風景な部屋って、どうにもならないと諦めていませんか。 高い金額を支払ってインテリア用品ばかり揃えなくても、100均のちょっと優秀アイテムを使用するだけで、温かみのある部屋に簡単に変えることができるんです。 今回は、プチプライメチェンインテリアの技や温かく見えやすいポイントなどをご紹介していきます。 部屋を温かみのある部屋にしたくなったらぜひ参考にしてみてくださいね。

バスケットを活用して柔らかさを出す


photographyfirm/Shutterstock.com

どこの100均でも手に入るバスケットは、大中小様々なサイズがありますが、どのサイズでも構いません。

バスケットをインテリアとして取り入れるだけで、部屋に温もりのある柔らかい印象を作ることができます。

 

また、そんなプチプラアイテムであるバスケットをさらに工夫してより温かみのあるインテリアにするのであれば、バスケットの中に花を入れるなど、リビング等のディスプレイとして置くだけでも華やかさが増しますよ。

特に造花でも良いので花をバスケットに入れて、飾ることで殺風景な部屋が激変します。

 

緑を取り入れてみる


テーラー《平 晃成》 @ttttiraa

最近、どこの100均に行っても造花だけでなく、生きている植物が置いてあるお店も多く見られます。

もちろん造花でも良いのですが、部屋に緑を取り入れることで植物は温かみのあるものなので、殺風景な部屋から温かみのある部屋に変えやすいです。

 

先ほどご紹介した、バスケットに緑を入れても良いですし、同じく100均でガラスや鉢植えなども売っているので、そういったものにディスプレイしても良いですね。

 

特に、生の植物は空気を綺麗に浄化してくれるかのようなインテリアになりますので、空気から温かみのある部屋に導いてくれますよ。

 

木を使ったアイテムは優秀


asah1 @kinali

写真立てや、収納木箱など100均には木を素材として使用したアイテムが数多く存在しています。

元々、木というものはその存在自体が温かみのあるものとして、古くから認識されているため、木を使用したアイテムをディスプレイするだけで部屋にぬくもりを与えることができます。

 

特に写真立ては、お気に入りの写真を入れても良いですが、アートなどを入れることで殺風景なインテリアではなく、おしゃれなインテリアとして変身できますので便利です。

 

さらに、食卓にも1工夫するのであれば、最近の100均には木のお皿を置いているお店が多いので、木のお皿に食事を盛り付けてみるのもおしゃれなカフェご飯のようになります。

そのお皿にキャンドルなどをのせたらそれだけでインテリア用品としても使えるので優秀アイテムと言えます。

 

ガラスアイテムも取り入れてみる


Elenadesign/Shutterstock.com

100均の品数が多いコーナーと言えば、食器コーナーやキッチン周りの収納コーナーですよね。

そのどちらにも、ガラスアイテムは欠かせないものとなっており、一見ガラスはその無機質な見た目から殺風景なインテリアを助長してしまいがちと思われますが、入れるものによって温かみのあるインテリア用品へと激変します。

 

キッチン周りに温もりを与えるならば、ガラスのジャーポットなどを使用して、パスタやちょっとしたお菓子などを収納することでおしゃれかつ温かみのあるインテリアへと変わります。

 

また、先ほどご紹介した緑を取り入れると併せて、最近話題のガラステラリウムなどを取り入れても素敵なお部屋に早変わりしますよ。最近はガラステラリウム用品も100均で取り扱っているお店も多いのでプチプラで簡単にインテリアチェンジができますね。

 

 

いかがでしたか?

インテリアをチェンジするときってすごく出費するイメージが持たれがちですが、最近の100均は優秀なものでプチプラでもおしゃれで温かみのある部屋にするためのインテリア用品がそろってしまいます。

今の部屋に飽きたらぜひ取り入れてみてくださいね。

 

関連記事

・仕事や予定管理をもっと楽しく♡可愛い...!面白い...!話題の付箋4選

・みんなはどうしてる?1人暮らし女子の貯金事情

・10月のMy Little Boxは芸術の秋♪インスピレーションに満ちたアイテムがいっぱい!