いよいよ暑い夏が到来します。夏のシーズンはエアコンが大活躍しますよね。エアコンをフル稼働させる前に、すみずみまで掃除をし、キレイな状態で使用していきましょう。自分でできるエアコン掃除のやり方をご紹介致します!

まずは「フィルター」のお掃除から

 

 

エアコンについている「フィルター」。取り外しも簡単なので、ご自身で掃除がしやすいです。

 

エアコンのフタをあけて、すぐにフィルターを外すのではなく、まずは掃除機でフィルターについているホコリを吸い取ってからゆっくり丁寧に外してください。こうすることで、ホコリが落ちるのも、水洗いの手間も軽減することができますよ♪

 

フィルターを外してから再度掃除機をかける時は「外側から」が鉄則。内側から吸い取ってしまうと、ホコリが目地に詰まります。しっかりホコリを吸い取ったら、水洗いに移りましょう。この時、シャワーをかけるのは、フィルターの「内側から」です。水圧で掃除機で吸い取りきれなかった細かなホコリを流し、日陰でよく干しましょう。

 

洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物がおすすめです。柔らかいブラシを使い、フィルターを傷めないよう注意してくださいね。

 

「吹き出し口」と「ルーバー」

 

 

エアコンの吹き出し口は、冷たい風が出てくる部分です。ここが汚れていては、部屋中の空気も汚れてしまいます。手の届く範囲でキレイに掃除していきましょう。

 

まずは安全のためにコンセントを抜き、エアコンの吹き出し口のルーバーを手で回して開きます。中性洗剤を薄めタオルにつけ、エアコン内部を拭きあげます。手が届かない場合は、定規や棒などにタオルを巻いて拭いていきましょう。

 

ただし、中に見えるファンに付いている汚れは、プロが使う専門の器材や洗剤が無いと落とすことはできません。触らないように注意することと、軽く回して動かないルーバーは、無理に開かないようにしてください。故障の原因にもなることもあります。

 

一度開いたルーバーですが、機種によってはきちんと閉まらないこともあります。しかし、大抵は電源を入れれば、元の位置に戻るので安心してください。

 

お掃除付きエアコンは掃除をしなくても良い?

 

 

最近のエアコンに多い「お掃除機能」。お掃除機能があれば、エアコンの掃除をしなくても良いと思っている人も多いかもしれません。

 

しかし、お掃除機能が綺麗にしてくれるのは、フィルター部分だけであることが多々。ファンやその他内部のパーツの汚れは、自分でしっかり掃除しなければなりません。お掃除機能を過信しすぎないよう注意しましょう。

 

 

フィルターや吹き出し口は掃除ができても、中のファンまで自分で掃除をするのはとっても大変です。エアコンを分解し掃除をする人もいるようですが、故障の原因になることもあります。修理代やエアコンを新調するぐらいなら、エアコン掃除の業者さんに頼んだ方がキレイにもなり、お値段も安く済みますよ!ファンの汚れ・エアコンの奥の汚れが気になり始めた時は専門業者にお願いしましょう。

 

関連記事

・暑い季節到来!今こそやっておきたいエアコン掃除のやり方

・暑い季節到来!今こそやっておきたいエアコン掃除のやり方

・暑い季節到来!今こそやっておきたいエアコン掃除のやり方