憧れの「フレンチスタイルのキッチン」を実現させたいというのであれば、やっぱりキッチンに一工夫おきたいですよね。今回は、フレンチスタイルキッチンについてのお話です。

●フレンチスタイルのキッチンってどんな感じなの?

フレンチスタイルと聞くと、なんとなく外国風なテイストかな?と思うのではないでしょうか。
ちゃんとした説明をするのであれば、白を基調とした優しい印象のコーディネートで、色味を抑えたカラーを特徴にしたスタイルです。
古くて味のあるシャビー感のある家具やアンティーク雑貨と相性抜群ですので、これらと合わせるとフレンチスタイルキッチンの出来上がりです。

フレンチスタイルキッチンの特徴

フレンチスタイルキッチンの特徴は、『見せる収納』となります。
ただその辺に置いてしまうと、散らかって見えたり生活感があふれて見えてしまいますので、オシャレな小物入れやガラス瓶を使ったりして、素材感や色の統一を目指すようにしましょう。

インテリアにこだわる

よく使う調理器具でも、あえて見せるようにしますので、キッチンのインテリアの一部となります。
フォークなども「見せるように収納」することで、インテリアと化しますね。

植物でインテリアにアクセント

植物を多く置くことで、フレンチスタイルにすることができるでしょう。
キッチンに会わせますから、大き目の植物ではなく、小さめグリーンやハーブなどを置くようにしてください。
フェイクグリーン(造花)であれば、お世話もしないでいいので飾るだけで済みます。

小物はシンプルに

キッチンに置く小物入れや食器などは、派手めのものは避けましょう。
あくまでも「ナチュラルに」を心がけるようにしてくださいね。

おすすめのアンティーク雑貨5選

オススメのアンティークをご紹介いたします。

・フランスアルザス 陶器製のヴィンテージ キャンドルホルダー/ブラウン
3,800円(税込)

・アンティーク ホーロー(琺瑯) ミルク缶/フランス
8,000円(税込)

・フランスBB社の青いキャニスター6個コンプリートセット
43,000円(税込)

・キャニスター6個トセット
33,000円(税込)

・ヴィンテージ エッグ バスケット egg basket
5,800円(税込)

ちょっとお高めなんですが、賃貸マンションなどでフレンチスタイルキッチンにしたいということであれば、インテリアにかけるしかありません。
自分の夢を叶えるための出費は、ちょっと高くても頑張りましょう(笑)

キッチンをきれいに保つためには

せっかくフレンチスタイルキッチンにしているのに、汚くしたら台無しです。
ですから、キッチンをきれいに保つように努力をしましょう。

・毎日掃除をすること

毎日掃除するなんてちょっと面倒かもしれませんが、シンクなので毎日使いっぱなしになります。
ですから、少しでも掃除をさぼると大変なことになりますから、洗い物が出たらすぐに掃除する・・・というのを徹底してください。

・キッチン台とシンクまわりにはモノを置かない

キッチン台とシンクの周りにはモノを置かないようにしましょう。
その周りはいいのですが、ここに物を置くとごちゃごちゃして汚いキッチンに見えてしまいます。

・油汚れ掃除を怠らない

レンジ台まわりのお悩みNO.1が「油汚れ」ですから、油汚れはため込むとかたまりになって取れなくなってしまいます。
油汚れ掃除も、こまめに行うようにすると、気持ちもすっきりしますね。



05337f6946bed31a4638b61d0ad62f78_s

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)