寒さも一段とまし、本格的な冬に突入しました。空気が乾燥してお肌はかさかさ、のどはいがいが、何とも嫌な気分ですね。加湿器をお使いのお宅は正しく加湿器を使っていますか。正しく加湿をしないとカビの原因となることもあります。

どのように加湿するのが健康、そして美容に良いのか調べてみました。


「最適な湿度」

冬期は夏季よりも空気中の湿度が低く乾燥します。さらに、暖房をつけることによって室温は上がり、湿度が下がってしまいますので、より空気が乾燥します。

私たちが生活をするうえでの適正湿度は、40%~60%と言われています。インフルエンザウィルスは室内の温度にもよりますが、湿度を50%以上にすると激減するといわれていますので、40%~60%の間に湿度を調節することで、感染の予防になります。湿度が高くなりすぎると、カビ、ダニの発生の原因となり、食品の腐敗や家の柱や建材を分解してしまいます。
湿度を上げるためにストーブの上にやかんを置いたり、反対に、湿度を下げるために換気を頻繁に行う等、自分自身で湿度調整を行うことは出来ますが、適正湿度を保つことは、なかなか難しいものです。 適正湿度を保ち、快適な空気環境をつくるためには、加湿器の導入は有効的です。


「湿度が不足すると...」

湿度が不足して空気が乾燥することによって人に与える影響は以下の通りです。

風邪やインフルエンザ 空気が乾燥すると、口や鼻の呼吸器系の粘膜が乾燥し、風邪などの感染に対する防御機能が低下してしまう為、風邪やインフルエンザなどのウィルスが体内に入りやすくなります。

美容面での悪影響 髪やお肌などに影響します。お肌は水分が10%以下になるとドライスキンと言う状態になり、肌荒れ、かゆみの原因となります。


「加湿するには...」

加湿器を使用するのが一般的な加湿方法ですが、全てのお部屋に加湿器がない場合などで加湿する方法をご紹介します。

洗濯物を部屋干しにする。一番手っ取り早い方法ですね。ただしあまりたくさんの洗濯物を干すと、湿度過多になる場合もありますのでジメジメしていると感じたら、調節するとよいでしょう。

観葉植物を部屋に置く。植物は葉っぱから水分を蒸発させるので、加湿効果があります。大き目の葉っぱのものだとより効果的。

濡れタオルを部屋にかけておく。バスタオルだとなお良いでしょう。見た目の良いタオルなら生活感もあまり感じることなく加湿出来ます。

霧吹きで水を撒く。霧吹きに水を入れてしゅっしゅっと撒きます。お気に入りのアロマオイルをほんの少し入れるといい香りで癒されます。

入浴後にドアを開けておく。浴室の位置にもよりますが、入浴後にドアを開けておくと室内に湿気が流れてくるのでおすすめです。浴室の湿気も少し取れるので一石二鳥かも。


「加湿器の正しい使い方」

加湿器を使っていても正しい使い方をしていないとせっかくの加湿器が無駄になってしまいます。

置き場所を考える。エアコンの吸い込み口近くに加湿器をおくと加湿された空気が部屋全体に広がるので、効果的に加湿器を使用できます。又、外壁に面している壁近くに置くと結露の原因となることがありますので注意が必要です。

メンテナンスをしっかりとする。給水タンクのお水は、長期間貯めておかないようにしましょう。長期間タンクに水を貯めていると雑菌の繁殖や水垢の付着により健康を害する恐れが高くなります。フィルターの清掃は定期的に行いましょう。


「加湿器の選びかた」

必要な加湿量は部屋の大きさだけで判断するのではなく、換気量や温度も重要な判断材料となるので、単純に広さだけで選んでしまうと「加湿器を使っているのに湿度が上がらない・・・」ということにもなりかねません。必要加湿量をカバーできる能力をもった加湿器を選びましょう。(出典:加湿net)

部屋の湿度が最適な環境でいることで健康や美容面にはいいことがたくさんあります。ちょっとした心がけで乾燥したお部屋にしないようにできますね。今年の冬は乾燥しないお部屋で快適に過ごしましょう。






(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)