今年の夏は暑くてビックリ。昨年も同じようなことを思っていたような気もしますが、ちょっと外に出るだけでグッタリ。でも今となってはその暑さも懐かしいような、贅沢なことをぼんやり考えています。だいぶ涼しくなってきましたので、急な気温の変化で体調崩されませんようお気をつけ下さい。

【1歳8ヶ月】

筆者の娘、ぽこも1歳8ヶ月になりました。今回のテーマは夏休み。家族で温泉、そして海と川にも行ってきました。どれも初めての体験で、どんな表情をするか楽しみにしていましたが、予想以上の反応に連れて行って良かったなと思っています。

今回の旅行は旅館選びから始めました。子連れだと食事中に騒がないか、お風呂はどうしたら良いかということがどうしても気になってしまいます。ですから、赤ちゃんプランに力を入れている旅館を調べ、車で行ける距離にしようということに。そこから、埼玉県「名栗温泉・大松閣」に決定したというわけ。赤ちゃん連れには嬉しい特典がいっぱいです。

1.貸切風呂50分サービス
2.アーリーチェックイン(14:00)とレイトチェックアウト(11:00)
3.チェックイン前にお昼寝用のお布団をご用意
4.お部屋にオムツ用のゴミ箱
5.ミルクや離乳食の温めはスタッフへ
6.バンボのご用意

オムツをしていると大浴場へ入れられないなと思っていたので、貸切風呂があるのは今回の旅館選びでは外せません。大松閣では希望すればベビーバスも用意していただけるそう。貸切風呂50分というのは入ってみると長く感じて、少し早めに上がってしまいました。赤ちゃんが一緒でものんびり出来るのではないかなと思います。

もう1つ重要なのは夕食。こちらはお部屋なので安心。朝食は大広間でしたが、各テーブルの距離は結構あったせいか人見知りのぽこでも大丈夫でした。それにしても、他のテーブルを見てばかりで、どうしてそんなに気になるのだろうと不思議になるくらいの人間観察。騒がなくてホッとしましたが、ご飯もうちょっと食べればいいのに。プラス料金で朝食もお部屋に変更が可能になるそうで、こちらもちょっと気になるかも。

【水遊び大好き】

旅行先の観光は川が多く、フロントで子連れでも安心な場所を聞いて行ってみることにしました。お勧めされたのは浅くて、トイレもあるところ。バーベキューも出来、1日遊ぶには良さそう。川遊びが出来るとは知らず、水着を持って行かなかったのは残念でしたが、もっと調べれば良かったなと反省。ぽこはオムツパンパンになって大喜びしていました。

旅行では川遊びだけでしたが、夏休み中に九十九里浜へ海水浴にも行きました。着いてすぐに「ごはん」と言われビックリ。さすがマイペースぽこ。とりあえず、おにぎりを食べさせてから遊ぶことに。飲み物とお菓子もたくさん持って行ったので、休憩も多めですね。初めて海を見るってどんな感じなんだろうと思っていましたが、とにかくはしゃいでいたという印象。波が引く時の足裏が面白いようで。また来年海へ連れて行ってあげたいなと思っています。

託児所でも夏休み期間中は水遊びをしていたそうで、毎日水着を持たせていました。先生のお話によると学童の部の小学生はその姿がツボだったらしく、かなりの人気者だったとか。しかし、人見知り中のため泣いてばかり…。やっと慣れてバイバイが言えるようになった頃に学童さんとはサヨナラ。最終日は帰りにお手紙と折り紙をいただいて、一緒に写真を撮りました。次に会うのは冬休み。しばしのお別れです。



201507W282:内田みどり(内田みどり)1

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)