5月5日は端午の節句、こどもの日です。男の子の節句と言われていますが、どのような意味があって、お祝いにはどんなものを食べるのか知っていますか。なんとなく、柏餅食べるんだっけ? くらいは知っていても、実は細かくいうと正式には柏餅を食べない年もあるのです。それでは、そのお祝いの意味とお祝いの仕方についてもう1度おさらいしてみましょう。

<端午の節句の始まりとは?>

端午の節句の原点は、江戸時代までさかのぼります。元々もっと以前、奈良時代にもあった古い行事ですが、5月5日を正式に端午の節句としたのは江戸時代と言われています。奈良時代の頃から強い香気による厄払いとして、魔物を払う薬草とされていた菖蒲がこの節句に使われていました。

その菖蒲を尚武とかけて武士を尊ぶ節句として将軍にお祝いを奉じるようになったのです。さらに、将軍に男の子が生まれるとこの端午の節句にお祝いをするようになったことから、武士を尊ぶ節句として、男の子の誕生をお祝いする節句へと変わっていきました。

<かぶと、鯉のぼりはいつ飾ったらいいの?>

端午の節句といえば、かぶとに鯉のぼり。元々、武士を尊ぶ節句であり、家の跡継ぎである男の子の誕生から一族の繁栄を祝うという節句のため、かぶとを飾るという武家社会から受け継がれたものです。もちろん現代では武士というよりも鎧と聞くだけで戦い、戦争とイメージの良いものではないかもしれません。しかし、鎧兜が病気や事故から子どもを守ってくれるという願いを込めて飾るようになったと聞くとそのイメージも変わりますよね。

次に鯉のぼりですが、こちらは江戸時代に町人社会から生まれた飾りだと言われています。鯉という魚は生命力が強く、川だけではなくいろいろなところで生きることができ、生命力が強いと言われています。中国の伝説の1つである「登竜門」になぞらえ、子どもがどのような環境でも強く生きていけるように、という願いを込めて飾るようになったと言われています。

それではこれらの飾りはいつ頃飾ったらいいのでしょうか。一番よく言われているのが4月中旬頃という説です。もっと早くから飾りたいという方は、春のお彼岸を過ぎたらと目安を覚えておけばいいかもしれません。逆にいつは飾ったらいけないのかというと、前日や当日のようです。「一夜飾り」と言われる飾り方はどのような節句でもお葬式を連想させるためよくない、と言われています。

また、女の子は雛飾りを早くしまわないと婚期が遅くなると言われていますが、鎧兜も同じでしょうか。この説に根拠はないようです。そのため、女の子も男の子も節句が終わった晴れた日に片づければいいようです。

<お祝いには何を食べたらいいの?>

端午の節句といえば柏餅とちまきでしょうか。関東では柏餅、関西ではちまきという説もありますが、初節句にはちまきを、2年目からは家督が絶えない縁起物として柏餅を食べるという説もあります。実はこの2つの食べ物、諸説あることがわかりましたが、元々ちまきは中国から伝わり、柏餅は日本独自の風習を持つ食べ物とわかっています。

柏餅がなぜ家督が絶えない縁起物とされているのかというと、古くから神が宿る木として柏の木は伝えられており、新芽が出て成長して初めて古い葉が落ちる木とも言われています。そのため、子どもが生まれて大きく育たないと、親は死なないとされ柏の葉を使った柏餅を食べることで縁起がいいと言われているようです。

もちろんどちらかしか食べてはいけないというものでも、これ以外は食べてはいけないというものでもありません。柏餅とちまき、両方食べたければもちろん食べても大丈夫です。といっても生まれたばかりの赤ちゃんの場合は生まれ月によって離乳食さえ始まっていない場合もありますので、専ら両親や祖父母の口に入る食べ物になりますよね。

<いつお祝いするの?>

鎧兜と鯉のぼりを飾り、祖父母を招いてのお祝いはいつしたらいいのでしょうか。5月5日は祝日なのでやはり当日に行うのが理想的ですが、前日の夜や前々日の夜でも問題ないそうです。また、この時のメニューはもちろん作れるもの、デリバリーで頼むものなどうまく使い分けて用意したいですね。

理想的なメニューは鯛やブリなどの出世魚を使ったメニュー、旬のたけのこを使ったメニューで筍のようにすくすく育つことを願うというのも素敵ですね。また、お祝いだからケーキをと考えるかもしれませんが、柏餅があるのでこれ以上甘いものは、という意見も聞こえてきそうですね。

そこで、端午の節句ではちらし寿司ケーキにしてみませんか。作り方は簡単です。酢飯をつくり、ケーキの型の中にクッキングシートを敷きご飯、お刺身、ご飯と重ねます。一番上のトッピングにはお刺身、いくら、錦糸卵、キュウリなど彩りを考えてレイアウトしてみましょう。

また、子どもが、もうしっかりと食事を摂ることができるようであれば、鯉のぼりの形でちらし寿司ケーキを作っても喜んでくれるかもしれません。その場合は海苔などをうまく使って目や鱗などを作るととても見た目よくできます。離乳食は終わったけど酢飯にお刺身はちょっと……という年齢のお子さんには、手作りのパンケーキにヨーグルトクリームやイチゴなどのフルーツを使って鯉のぼりケーキにするのもかわいいかもしれません。

初節句は男の子にとって人生に1回きりです。おまけに初めての男の子でママはお世話に四苦八苦しているかもしれません。子どもを育てながらの節句の用意というのは1人ではなかなか難しいところもあります。できる範囲にして、旦那さんやデリバリーなどをうまく利用して思い出に残るお祝いにしてあげたいですね。



e3855aa6b63dc71e3d5870ffcf079f0b_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)