エッセイも12回目となりました。春は何となく気持ちもウキウキしますね。桜も好きですが、筆者は桃の花も結構好きです。お勧めは茨城県古河市の桃まつり。今年は3月19日~4月5日まで行われましたので、来年のお楽しみとなってしまいますが、是非機会がありましたらお出かけください。見渡す限りのピンクの花はとても幻想的。散ってしまってからもピンクの絨毯のような景色がまた素晴らしいのでお勧めです。

【2歳4ヶ月】

娘ぽこも2歳4ヶ月です。最近の好きな食べ物はケーキ。保育園では毎月お誕生日会が行われているそうで、ホールケーキを見る機会も多く、「ケーキはいちうで作る」とぽこは言っています。『いちう』は『いちご』のことで、何度教えても、いちう。そんなわけでケーキといちごは大好物。ケーキ屋さんの前を通ると離れないので困ります。

しかし、さすがにケーキはたまに買う程度。ですから、いちごだけはいつも2パック買い置きしています。両手に持って食べているせいか、1パック消費するのはあっという間。ちょっと豪華に『あまおう』を買ってみようと思っても、ほとんど食べられてしまうので悲しい……。

【いちご狩りへ行く】

ちょうど実家へ帰る機会があり、母と妹も連れていちご狩りへ行ってきました。ぽこは初いちご狩りです。狩りと言っても、30分食べ放題。栃木県小山市の『いちごの里』は、とちおとめの他にスカイベリー、とちひめ、計3種類から選べるようになっています。金額も味もそれぞれ違うので、こればかりはお好みですね。

筆者は水分量が多くて柔らかい『とちひめ』を選択。特徴に表皮が柔らかいと書いてあったため、どのくらい柔らかいのかなと思っていましたが、もぎ取る時に観光農園でしか味わえない幻のいちごという意味が分かりました。力を入れ過ぎると潰れます。収穫してパック詰めしてというのは確かに難しそう。そういう貴重さでも、とちひめ狩りを選んで良かったです。とちおとめより大きくて食べ応えもあり、酸味が少ない。甘くて美味しいいちごです。

さて、いちご狩りでは好きなビニールハウスを選んで食べるシステム。3歳未満は無料なのも助かります。ぽこは自分でもぎ取って10個くらい食べていました。5個は食べてくれると良いなと思っていたので、10個にはビックリ。さすが大好物のいちごですね。もぎ取って渡すことになると思っていたのに、自分で選んで黙々と食べていました。

筆者は数えていないので分かりませんが、30個は食べたかなと。とちひめは水分がとても多く、ジューシーないちごのため、お腹はパンパンです。30分食べ放題と決まってはいてもお腹がいっぱいになったら帰るという方が多く、時間は結構適当なのかなという印象。

そして、大満足のとちひめ。お値段はスカイベリーの方が少し高くなります。とちひめがとても美味しかっただけに、スカイベリーの味も気になるところ。開催時期も少し長く、とちおとめとスカイベリーは5月22日まで行っているそう。筆者もあと1回行けたら良いなと思っています。

いちごの里ではヤギやロバ、ヒツジがいて、ぽこもエサをあげるなど楽しそうにしていました。お土産売り場には試食もあり、バウムクーヘンが気に入ったようです。もちろんいちごのケーキも販売中。筆者はこの後、佐野プレミアムアウトレットへ行く予定があったので買わずに我慢。ぽこはケーキを指差したまま泣いていました。あんなにたくさんいちごを食べたのに。でも上着の袖と襟がいちご汁で真っ赤になっていたので色々と頑張っていたのでしょうね。次回はケーキを食べることも目標にします!

【いちごの里について】

◆いちごの里湯本農場
〒323-0058 栃木県小山市大字大川島408
TEL:0285-33-1070
HP:http://www.itigo.co.jp/

【薬用】ママになったら選ぶ入浴剤

201603W135:内田みどり(内田みどり)1
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)