Suicaを持っている人も多いと思いますが、Suicaを持っていない人もいると思います。
今回は、そんな「Suica」についてのお話をさせていただきます。

●知らない人のためにSuicaとは?

Suicaとは、JR東日本が開発した非接触型のICカードを使用した乗車券のことです。
電車とか乗ったりすると、いろんな人が改札でピッとやっているかと思いますが、あれです。
JR東日本の駅構内や周辺の商店、自動販売機で、買い物にも使用できるというメリットがありますので、多くの人たちが利用しています。
また、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルと提携して、携帯電話でSuicaの機能が利用できる「モバイルSuica」を発行していますから、ますますSuicaユーザーが増えていくことでしょう。

●Suicaを活用する便利なテクニックって?

Suicaを持っているのならば、または、今後持つのであれば、Suicaをしっかり活用できるようにしたいものですね。

・オートチャージ機能を使う

Suicaにはいろいろな種類があり、カードタイプのSuicaには、無記名の「Suicaカード」、記名式の「my Suica」、「Suica定期券」、「Suica付きビューカード」があります。
そのうち、無記名のSuicaカード以外は、クレジットカードでチャージすることが可能となっているのです。
Suicaの残高が一定以下になると自動的にクレジットカードからチャージされる「オートチャージ機能」を搭載したクレジットカードもありますので、これを選んでおくと「残高不足!」ということがなくなります。

・モバイルSuicaを活用する

クレジットカードは便利なのはわかるけれど、盗難のこととかを考えるとクレジットカードを持ち歩くのは嫌だという人もいます。
そういう人は、モバイルSuicaを利用してみるといいのではないでしょうか。
冒頭で少しお話ししましたが、モバイルSuicaは自分の持っている携帯電話をそのままSuicaカードと同じように使うことが出来るというものです。
クレジットカードを登録するだけでいつでもチャージが可能となります。
モバイルSuicaでもお買い物することも出来るのでいいですね。

・ビューカードと組み合わせて使う

すべてのSuicaのチャージに使えるクレジットカードが「ビューカードとなります。
そのビューカードの中でもチャージする際のSuicaへの還元率が高いカードというのがあるので、それを選ぶといいでしょう。

最後に

Suicaユーザーが増えていくのは、Suicaが便利だからです。
いちいち切符も買う必要もありませんし、買い物にだって使える。
さらに、お食事の会計にも使えます。
クレジットカードと一緒ですからね。当然です。
また、交通系の電子マネーとして知名度の高い「PASMO」との相互利用が可能になっていますから、さらに発行枚数が増加していくことでしょう。
Suicaの賢い活用方法を知れば、今よりもっと便利な生活を送れるようになると思います。
しかし、注意してほしいのが、クレジットカードと同じなので、「使いすぎ」には注意してくださいね。
残高が不足したら勝手にチャージしてくれる機能を使うのはいいのですが、Suicaを通帳のように使ってしまっては結局カード地獄に陥る人と同じになってしまいますから、賢く使うようにしてください。



3cc0a8ffdd846635f430d4db4f3846c2_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)