一昔前、バブル絶頂期だったころまでは、女性の年齢はクリスマスケーキにたとえられて、24歳が一番売れ時、25歳以降は売れ残りだなんて言われていました。
そう、大体そのころまでは、女性は20代前半で結婚するのが普通で、30過ぎの独身女性は【いき遅れ】とされていたんです。
ところが、バブル以降、女性の社会進出が進むにつれ、平均結婚年齢は年々上昇、現在では20代後半~30代前半での結婚が一般的となっています。

結婚しない、出来ない女性も増え始め、高齢の独身女性も珍しくはなくなってきました。
望んで独身である分には良いのですが、結婚したくてもできない女性が存在している陰には、結婚市場における理想と現実のギャップが存在しているようです。
特に仕事でキャリアを積みたい!と考えている女性が陥りがちなのは、【気が付いたら独りぼっち】パターンです。

女性は、出来れば20代のうちに初産を済ませておくのが理想的。
けれど、20代のうちって、一番仕事に燃えている時期でもあります。
キャリアを積みたい!男性に負けない仕事がしたい!と考えている女性にとって、20代のうちは結婚なんか考えている暇はありません。
どんどん結婚していく女性を横目に見ながら、一生懸命に仕事に打ち込むことでしょう。

けれど、30歳に差し掛かったころ、周りに独身の女性が増え始め、仕事もめどが付き始めたころ、初めて【結婚】に目が行くようになります。

もともと彼氏がいる人はそのままゴールインを目指せばいので問題はないのですが、彼氏がいない人は恋人探しから始めなければいけません。
そうすると、20代の若い子に混じって30代が戦わないといけなくなってくるのです。
でもね、男って所詮、若い子が好きなんですよ、結局。
25歳と30歳を比べたら、25歳の方が選ばれる確率が高くなります。

だって、今からお付き合いして結婚して子供を産もうってなったら、また時間かかるでしょう?
そもそもそんなに簡単に相手が見つかればいいですが、強力なライバル(若くてかわいい子たち)と闘いながらなので、簡単に見つかることは稀です。

たとえ、30歳で出会ってすぐ結婚して子作りしたとして、出産まで1年。
子どもが生まれる時の年齢は26歳と31歳。
2人子どもが欲しいとなると、2年空けて産むのが理想なので、28歳と33歳。
でもこれはあくまでも順調にいった場合で、もし、不妊などがあった場合、治療に時間もかかりますのでこれ以上の年齢なりますし、そもそもお付き合いの時間が含まれていません。
女性に出産適齢期というものが存在する以上、その年齢の時には結婚しておくのがベストなのです。
今の日本の医療では、35歳以上は高齢出産とされ、妊娠出産に伴うリスクや障害児の出生リスクが高まるとされていますので、34歳までには最初の子を妊娠し、無事に出産しておくのが理想的。
そのため、30歳からお相手探しはちょっと遅いかなという結論になってしまうのです。

「相手は誰でもいいから!」というのであればすぐに見つかるでしょうが、いくらなんでも一生の問題ですから誰でもってわけにはいかないでしょう。
理想を高くもてとは言いませんが、自分と釣り合いが取れそうな程度の男性くらいは見つけたいものです。
ただ、理想を高く見過ぎてなかなかカップリング成立しないケースもよく見かけますので、自分のレベルにあったレベルの男性を探すようにしましょう。
特に、「年収が高くて~身長も高くて~イケメンで~」なんていう、身の程知らずな理想を言っている人がいますが、そういう人はみんなが狙っています。
競争率は超高いです。

そんな中、30過ぎの女性の武器ってなんですか?
すごく収入が良いとか貯金があるとか容姿が優れているとかですか?
収入と貯金は確かに若い女性に勝てるかもしれませんが、高収入男子はあんまりそういうところは気にならないんじゃないでしょうか?
容姿に優れていることを鼻にかけていても、若い子の中にもかわいい子や美人な子はたくさんいますので、相当美人でないと勝てるかどうかは微妙ですよね。

男性は、女性が思っているよりもずっと年齢を重要視しています。
ですので、結婚願望がある人は、やはり早いうちに彼氏を作っておいて、27,8歳くらいで結婚しておくのが一番無難なのではないでしょうか?

今の時代、結婚したからと言ってすぐに退職させられるようなことは滅多にありません。
妊娠か仕事かの選択はあっても、結婚か仕事かの選択はないのですから、早目に結婚し、相手をゲットしておくのがベストな選択と言えるでしょう。
結婚できない女になりたくない人は、キャリアを積む傍ら、プライベートも充実させておくようにし、チャンスが来たら結婚できるよう、常日頃から準備を整えておくべきなのです。


CDS_weddings-thumb-1000xauto-15339

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)