お付き合いをしている2人なら…たまには楽しい旅行もしたいものですよね!
でも、楽しいはずの旅行で相手への不満を感じてしまい、「こんなはずじゃなかった」「この人とはもっと楽しめると思ったのに」と嫌なところばかり印象に残ってしまい、その後の関係がぎくしゃくすることも。

そうならないためにも、男女の考え方の違いを理解し、そのギャップを埋めるよう、事前に話し合っておくことが大切です。

楽しい旅行は二人で作るもの!旅行に行こう!と決めた時から二人の旅行は始まっているのですから、一緒にプラン作りで盛り上がっていきましょう!


★女は思い出作り、男は女を喜ばせるため!?

女の旅行は思い出作りを重要視し、男の旅行は女が喜べばそれでいい、という傾向があると言われています。
たしかに、筆者の過去を振り返ってみると確かにうなづける部分があるような気も…。女はそこにしかないものを見たいし、記念になるものがほしいし、そこでしかできない経験がしたい、つまり【男と】【そこに行った】という思い出作りをしたいわけです。
男の方はというと、確かに女性と思い出作りをしたい、けれど別に目的をもっていかなくても一緒にいるだけでもある程度の満足は得られているという場合が多いのです。
○○に絶対に行きたい!絶対××しないといけない!そんな風には思っていない場合が多いのです。(全員が全員ってわけではありません。念のため)

その意識の違いから、女は「男の旅はノープラン」「もっと一生懸命二人の思い出作らないの!?」と不満を持ってしまうんですよね。
でもね、男だって思い出作りしたいと思っているわけですし、女性が喜ぶのであれば何とかしてあげたいっていう気持ちはあるんですよ。

なので、積極的に「○○に行きたい」「×△が食べたい」「■■で写真撮りたい」と事前に伝えておくことで、男性が張り切ってくれる可能性が十分にあるんですよね。要は察してちゃんになるなってこと。はっきり言って男は女の感情を読むのが下手!コミュニケーションも下手!目的のない会話は好きじゃない!要求があるならはっきり言えってことです。

女の要求がはっきりしていれば男だって「あいつ、あそこに行きたいって言ってたな、交通機関はどうなってるんだ?」「あれ食べたいって言ってたけど予約はどうなってる?」「あそこで写真撮るならプラン作りをしないと」といろんなことをしてくれるかもしれません。
何も要求せず、旅先でノープランだなんだと騒ぐよりも、きちんとこちらのしたいことを伝え、相手と一緒に計画を立てれば二人の旅は出来上がりです。お互いが話し合って作った計画なら納得した旅行を過ごすことができるでしょう。

実はこの方法、旅行に限らず、二人の仲を深めるためにも一役買ってくれる方法。
二人で一つの物事に対して協力して立ち向かうというプロセスは、お互いがお互いを理解し、互いに達成感を得ることで、お互いを無二の存在として認識することができるのです。そうすることで、二人の仲をより円満に、より長続きさせることができるのです。

楽しい旅行を作るために、お互いが自分が何をしたいか、何をするかを話し合い、プランを作り上げるというのは絆を作り上げるための理想的なプロセスです。
「相手が協力してくれない」「相手が楽しそうじゃない」なんて不満が出るということは、その時点ですでにその旅行が女だけのものであったということ。二人の旅行にするためには、きちんと楽しい旅行になるよう、お互いのことを理解することが大切。

二人で作ったプランなら、それだけでも楽しい思い出が詰まった旅行になることでしょう。





PPS_umigamierumadogiwanokoibito-thumb-815xauto-12953
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)