2016年2月20日、NHK総合テレビで『海底の君へ』という単発ドラマが放送されました(あまりにも好評であったため、同年5月8日にはNHK・Eテレで再放送されました)。中学時代に受けた犯罪的ないじめの後遺症に、29歳になった今でも苦しみ、ひきこもり、定職にも就けない前原茂雄(藤原竜也)は、弟が酷いいじめに遭っている23歳の女性・手塚真帆(成海璃子)と出会い、立ち直る兆しをみせます。

しかし真帆の弟で14歳の瞬(市瀬悠也)の自殺未遂をきっかけに、茂雄は「いじめる者を、自分もろともこの手で葬り去らなければならない」と考えるようになり、手製の爆弾を体じゅうに装着して、15年ぶりの中学校の同窓会会場へと向かいます。

【「現実の庶民の世界に成海璃子はいない」というネット言説はウソ。成海璃子はどこにでもいて気づかないだけ】

このドラマ、結局は茂雄の異変に気づいた真帆が同窓会会場に駆けつけ、「シゲちゃん!ボタンを押さないで!!」と叫んで“自爆テロで全滅”という事態は回避されます。主人公の茂雄は爆破未遂・殺人未遂の罪で懲役5年の実刑判決を受け服役しますが、真帆は5年の間茂雄を信じて待ち、34歳になって出所した茂雄は「生きなきゃね」と言って真帆と手を握り合い、歩き出します。

藤原竜也さんの演技があまりにも凄かったため放送終了後はネット上にも多くの感想が書き込まれることになりましたが、目についたのは「現実の一般庶民の世界には、いじめられている男子に共感と理解を示し救いの手をさしのべてくれるような成海璃子さんのような同調圧力に屈しない素敵な女子なんかいないよ。いじめられる側の男子も藤原竜也のような二枚目・イケメンなわけない。所詮は絵空事の世界」といった意見でした。

でも、本当にそうでしょうか? 筆者はそうは思わないのです。真帆のような女子、茂雄のような男子は、(顔がどうのこうのは別にして)わたしたち自身の中にもいると思うのです。

読者のみなさんの中にも、ちょっと間違えば深刻ないじめ被害者になってしまっていたおそれがあった人が、きっといることと思います。そんなあなたが、どうして茂雄ほどには悲惨なことにならずに何とか生きてこれたのかと考えたとき、今あなたのすぐそばにいる彼女(彼)がいたからこそやってこれたのだということにきっと気づくはずです。普段はそのことに気づかないだけで、本当は真帆はいるのです。

【「人薬(ひとぐすり)」という概念にもっともっと注目しましょう。】

『海底の君へ』では、青少年期の精神医学の専門家である精神科医の斎藤環さんが脚本の監修に携わりました。斎藤先生は脚本の段階で、いじめ被害者の茂雄にこれではあまりにも救いがないのではという理由から、茂雄をいじめていた加害者たちの中でも主犯格だった今弁護士になっている立花らに土下座をさせて、「爆弾はドッキリでした~。解散!」みたいな、もっと軽いラストシーンへの改変を検討していたそうです。

ですが、出来上がったドラマの藤原竜也さんの演技の鬼気迫る凄さを見て、ご自身の軽さをしみじみと反省されたことをTwitterで告白されています。
<参考:斎藤環Twitter 2016年2月20日

その斎藤先生ですが、「人薬(ひとぐすり)」という興味深い概念を提唱されています。どういうことかというと、心に負った傷は、人とのかかわりの中で、愛で癒すのだということです。精神神経科系薬剤で治すのでもカウンセリングで治すのでもなく、「関係」と「承認」で、いじめ被害者の心を癒すということです。『海底の君へ』で演出を担当した石塚嘉さんの言葉を引用しておきましょう。

『果たして、茂雄=藤原竜也は、愛を得た。「私のために生きて!」と叫ぶ真帆=成海璃子の声が、苦しみながら懸命に生きようとしている世界の人々に届けばいい。このドラマは、愛の物語です』
<参考:NHK特集ドラマ『海底の君へ』公式ホームページ

「俗っぽい」と言われるかもしれませんが、海底へ放り込まれ、ミミズを食べさせられ、カバンやノートをズタズタ・ビリビリに引き裂かれ、体じゅうに油性ペンで「死ね」「クズ」と書かれ、傷つき引きこもり定職に就けない日々が続いても、真帆=成海璃子のような女子とお近づきになれた時点で男子は救われる。斎藤環先生はそのように言い、筆者もまたそう思うのです。

蛇足になりますが、「いじめ加害者に対する“処罰”の必要性」の問題については、筆者が「こころの健康」や「高齢者のターミナルケア」の問題に特化して連載を担当しているWomanNewsとはまた別のサイトで、近いうちにコラムを掲載する予定です。機会があれば、WomanNewsの中でも触れさせていただこうかと考えております。



library-922998_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)