ちょっと昔なら結婚はして当然! しない人は何かあるんじゃないかなんて思われていましたが、今はそうではありません。結婚するかしないかの選択ができるようになったので、多くの女性たちは「結婚ってしたほうがいいのかな?」「結婚のメリットってなんだろう?」「デメリットが多いなら結婚しなくてもいいや」と考え、結婚に対して昔ほど積極的ではなくなっているのです。

昔は結婚しないと女性は生きていくのが難しかったのが、今の世の中では結婚しなくても十分生きていけますので、そこまで必要に迫られることがなくなったのが大きな理由かもしれませんね。現代を生き抜く私たちにとって結婚とは何なのでしょう? 結婚のメリットデメリットを考え、自分にとって良い選択ができるようにしたいものですね。

【子供の有無は世間的に大きい】

まずはやはり、子供の問題でしょう。子供がいるかどうかは同じ既婚内でも重要な問題となってきます。子持ちママとそうでない既婚者の話が合わないこともありますし、子供がいるかどうかで、大人の女性の中での立ち位置が変わってくるのです。

子供がいないことが悪いわけでなく、まだ子供を持つのが当たり前という風潮が残っている日本ですので「子供を産んで一人前」「子供を育てるまで大人になれない」といった考え方をしている人が一定数いすのですね。確かに子育てにはいろんな我慢や努力が必要ですし、自分のことは後回しにしなければいけない場面も多いです。そういった苦労をしてこそ大人の女性、というわけですね。

また、子供を持つには明確にタイムリミットがあります。タイムリミットに間に合わなかった女性は子供を持つことが難しくなってしまいます。そのため、将来「やっぱり結婚したいなー」と思ったとしても結婚相手を探すことが難しくなるようです。

【親戚づきあいは面倒】

結婚最大のデメリットといえばコレでしょう。好きな人とずっと一緒にいられるのは嬉しいけれども、その人の周囲にいる親族ともうまく付き合っていかなければならないのはちょっと大変です。うまくいけばいいのですが、どの家庭も平和であるとは限りませんし、実際に親族がらみで離婚するというカップルもいるほど見過ごせない問題です。

【子供がいると仕事が続けにくい】

もう一つのデメリットは仕事に関連することです。結婚すると大半のカップルは子供を持つことでしょう。でも、子供ってほっといたら育つというわけではありません。子供が生まれた後、誰が面倒を見るのか? という話になってきます。

妊娠中はつわりや切迫流産早産などトラブルがあればすぐに休まなければなりませんし、母体のために仕事内容も配慮してもらったりするでしょう。そして出産前後は最低でも2~3か月休まなければいけません。そんな風に周囲に支えられながら無事産んでも、今度は育児問題。

保育園に預けられなかったら育休延長するか仕事を辞めるかの2択を迫られます。保育園が決まったとしてもちょっと熱を出せば仕事を休んで子供についておかねばいけません。そして、その仕事を受け持つのは大体女性のほうなんですよね。

男性の育休取得率は低く、子供の具合が悪いからと言って退社させてくれる会社は依然として少ないです。結果、女性のほうが育児に重点的にかかわることになり、会社に居づらくなり退職するという結果になりがちなようですね。

【独身者はイメージが悪くなる?】

「あのお局が~」「結婚もしてないくせに!」と悪口を言われるのも高齢独身女性です。もちろん、中には人徳者のように言われる女性もいますが、悪口を言われる場合、独身をいうキーワードは結構盛られます。高齢独身=負け組だ、というオンナの世界ならではのマウンティングですね。高齢独身女性はモテないから結婚できないんだ、というのが彼女たちの考えでしょう。

実際はモテないから結婚できないという人より、結婚したくないからしないだけという人のほうが多いんですけどね。変なイメージを付けられてしまうことは間違いないようです。



newlyweds-608781_640
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)