お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて不安がよぎる妊娠線
この妊娠線は治療法は現在ありませんが、予防する事が出来る為、事前の予防を行いましょう

そもそも妊娠線は何故出来る?
皮膚が急速に引っ張られる事により起こる症状です。
一般的には「肉割れ」や「妊娠線」等と称し呼ばれています。
男性の場合主に肉割れと呼ばれる事が多く、急激に体重が増える事により同様の症状が現れます。
現時点治療法はなく、事前予防等で緩和させてあげる事がベストな対策と言えます。
肉割れや妊娠線はお腹だけではなくお尻や太ももや腕等体のあちこちに症状が出るようです。

予防を行うにはどうすれば?
一般的にはオイルやクリームを塗り皮膚を柔らかくしてあげ、急激な張りに
耐えられるようしてあげる事です。専用のクリーム等でケアする事をお勧めします。

オイルを塗る際のポイント
お腹に丸を書くようにヘソの下まで優しく塗り込みますお腹だけではなく、わき腹まで範囲を広く塗りましょう。
マッサージによりリラックス効果も期待出来ますが、強く塗ると逆効果になる為気になっていても優しくゆっくり塗る事が大切です。また、お尻や二の腕も同じようにオイルで事前のケアが可能です
二の腕は肘から肩に血液を流すようなイメージでマッサージ
お尻は足の付け根から背中側へ押し流すようなイメージでマッサージを行って下さい。ただし、妊婦さんの場合はお腹以外のマッサージは体勢的にも厳しいと思いますので旦那さんやご家族等に手伝ってもらう事をお勧めいたします。

一度出来てしまってはほぼ消す事の出来ない妊娠線や肉割れ。出来てしまう前の予防を心がけたいですね。
ixil8807
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)