友人や職場の先輩、親せきなどが出産したらとても喜ばしいことです。心がこもったお祝いをしたいですね。日々のライフスタイルの中にはさまざまなお祝い事があります。ただポン、と何か品を渡すというだけではそっけないですよね。贈り物と一緒に相手にも気持ちを伝えたいものです。そんな際に役立つ、贈り物のマナーとしきたりを紹介します。

新しい命の誕生はみんなにとってもうれしいことですね。赤ちゃんの衣服やおもちゃ、靴など小さな可愛らしいものを見ているだけでも幸せな気持ちになり、楽しいのではないでしょうか。
ただ、贈り物は他の人となるべくかぶりたくありませんね。そういったことも気を遣いましょう。

<贈るマナー>

持っていくか送るか?どちらがいいの?

一般的には送ります。身内や親しい友人は持参がいいでしょう。そのほうが相手に気を遣わせなくても済みます。
本来出産祝いは生後7日目に行くのが良い、とされています。ですが最近は退院と重なる時期なので避けることが多いです。産後すぐは母親もしんどいですので気を遣いましょう。母親の体調に配慮してあげると良いですね。
先方が落ち着いてから会うのがいいですね。身内や親友なら駆けつけて渡すのも喜ばれるので問題ありません。

<いつごろまでに贈ればいい?>

生まれたという知らせを受けたら3週間までに贈るのがいいです。また産後、退院後は実家に帰っている場合が多いので、自宅ではなく実家に送るのもいいかもしれません。事前に連絡してどこに滞在しているのか聞いてみるのもいいでしょう。

<どんな品物がいい?>

ベビー服やおもちゃなどが喜ばれるでしょう。洋服の場合、新生児用はもうすでに先方が用意していることがほとんどでしょうから、6か月から1歳用のものの方が使ってもらえるでしょう。
親しい人なら相手に聞いてリクエストに答えるのもいいですね。
すでにお古をもらっていたりしてたくさん持っている場合や2人目のときなどは、ケア用品や授乳グッズや洋服など…母親への贈り物でも構いません。
「お疲れさま」「頑張ってね」という心を込めて…

<お金や商品券の場合どうしたらいい?>

できれば相手の喜ぶものを考えて品物で贈りたいものですが、先方がすでに必要なものは持っていたり欲しいものが聞けない場合もあります。その時は現金や商品券にしても。祝儀袋に「御出産祝」と書き、包んで贈りましょう。

<こういった場合、どうしたらいい?>

・出産されてだいぶたってから知った時

あとになってから赤ちゃんが生まれていたことを知って、お祝いを贈るタイミングを逃してしまった場合、中途半端な時期にお祝いを贈るのは避けましょう。その代わりに1歳、といった節目に贈るのがおススメです。
その時の年齢にあったおもちゃや洋服のサイズなど、気をつけて選ぶようにします。よくわからない場合は店員さんに聞きましょう。詳しく教えてくださりアドバイスしてもらえるでしょう。

・2人目、3人目も1人と同じようにお祝いをするもの?

贈り物は気持ちの表れ。親しい友人で1人目と同じようにお祝いしたい!と思ったら贈りましょう。
ただ、みんな1人目のほうが喜びは大きく、お祝いも盛大にする人も多いでしょうから、そこまでしなくてもいいかな?と感じたならしなくても構わないでしょう。相手もそのことは分かっているはずです。
あなたと相手との関係性なども考えて贈るようにすればいいですね。

・赤ちゃんが入院していたり、健康でない場合…どうしたらいい?

お母さんの体調面も配慮して、赤ちゃんの容態が安定してから贈るのがいいかもしれません。
ですが、出産祝いは赤ちゃんが誕生したことに対してのお祝いなので、通常通り贈っても構いません。

本来は先方へ訪問し、お祝いをするものですが最近は直接デパートから配送が多いですね。
直接相手に会って渡せない分、お手紙やカードなどにお祝いの言葉を添えて贈ると気持ちが伝わるのではないでしょうか。
あらかじめ書いて用意し、発送の時に品物と一緒に入れてもらえますのでお願いして、心を込めて贈り物をしましょう。



6aec417a014297e741b8171c0a9c74f8_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)