痩せているのに太ももが肉割れを起こしている人を見ると、「あ~、この人、急激に太ったことがあるんだな」って思ったりしませんか?また、自分自身も痩せているのに肉割れを起こしている人もいますよね。
これは、急激に太った場合も原因の一つに挙げられますが、実は歩き方が原因で肉割れが起こっている場合もあるんですよ。


●なぜ肉割れができるのか

そもそもなぜ肉割れが起こるのか。それはいろいろな原因があります。特によく知られているのが、女性の場合は妊娠したときにできる妊娠線ですね。肉割れは、「ふくらはぎ」「もも」「お尻」「腰部」「背中」「お腹」などの筋肉に、白い横線が複数入った症状のことを指します。冒頭でも言いましたように、急激に太ってしまった、急にスポーツを始めた人など体型の急激な変化が主な原因となるでしょう。
それ以外は、実は外反母趾、浮き指、扁平足などの足裏の不安定が原因にもなるということはあまり知られていません。


●それぞれの部位の肉割れについて

・ふくらはぎの肉割れ
ふくらはぎの肉割れは、ヒールやパンプスを履くことが多く、指がふんばれないため指を上げて歩く『指上げ歩き』をすることが原因で起こるもので、足裏の不安定をふくらはぎで補いその負担が下腿部の筋肉に集中してしまったためとなります。

・太ももの肉割れ
太ももの肉割れは、特に親指の踏ん張る力が弱くなってしまったために親指を上げて歩いてしまった結果、太もも部分に負担がかかり起こるものとなります。

・腰・背中・お腹の肉割れ
腰、背中、お腹の肉割れは、体型の急激な変化によるものです。
妊娠した。スポーツを始めた。急に太った・・・など、この場合も足裏の不安定を上半身の筋肉の一部が補い、その負担に対応できなくなって、腰・背中・お腹などに肉割れが起こってしまったのです。


●肉割れを起こさない歩き方とは?

一度できた肉割れは、元に戻すことはできません。ただし、肉割れをそれ以上ひどくしないようにすることはできますので注意しましょう。また、外反母趾・浮き指・扁平足による、すねやふくらはぎに負担のかかる悪い歩き方である「指上げ歩き」を改善し、上半身への負担を防ぎましょう。
「足裏バランステーピング法」」や「3本指テーピング靴下」で、足裏のバランスを整えて、指を踏ん張った正しい歩行をしてくださいね。筋肉が発達してしまってできる肉割れですので、歩き方を間違えると筋肉が発達してしまいますからね。パタパタした歩き方は筋肉が発達してしまいます。


●隠し方

いつのまにかできてしまった肉割れを隠す方法ですが、やはり「外見」から見えないようにする方法しかないですよね。タイツを履いたりストッキングをはいたりするといいのですが、夏ひオススメなのが「スプレーストッキング」というものです。
これは、ベージュのストッキングのようにほんのり肌色が足に付くというもので、肉割れの線も見えなくしてくれるんですよ!ストッキングのように「履いている」感はないし、生足よりもきれいに見えるので一度お試しください♪


●さいごに

一度できてしまった肉割れは治すことができないといいました。それでも消し去りたいと思うのであれば、美容外科などで治療をしてもらうことでしょう。もちろん、料金はそれなりにかかってしましますが、キレイに直してくれますのでいいですね。どちらにしろ、最初からできないようにする努力は大切ですよ。



MIMIYAKO85_namitosunahama20140726-thumb-815xauto-17395
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)