「妊活」と言う言葉が出来るほど、妊娠と言うのは大変な事です。子供の頃は、結婚すればだれでも子供を生めるものだと思っていましたが、そうではなかったのですね。芸能人も妊活を公表していてその体験談はたくさんの方の励みにもなっているようです。最新「妊活」事情を調べてみました。


「不妊」ってどういうこと?

「妊活」の話の前に、不妊とはどのような事なのか知っておきましょう。

一般に結婚を考える年齢で、避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。不妊症は病気ではなく、 症候群です。"症候群"というのは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉です。
つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」というのです。ご主人の側に原因がある場合もありますが、ともかく一般的には「避妊をせずに1年たっても子供ができなければ不妊症」と定義されています。


「妊活」ってどのようにしたら良いの?

妊娠への道のりは人それぞれです。何人子どもが欲しいのかなど夫婦でライフプランを練り妊娠への思いを共有することや、健康的な生活を送り妊娠しやすい環境を整えることも立派な「妊活」です。妊娠するための体のメカニズムを知り、タイミングを合わせていくなどまずは自分たちでできることを始める人もいれば、早い段階で人工授精や体外受精などの不妊治療に移行する人もいます。まずは、大まかな流れを理解するところから「妊活」を始めてみませんか?きっとあなたに合った妊活スタイルが見つかるはずです。

1、夫婦の考え・体のことを知りましょう。体の状態を把握するだけでなく、妊娠について夫婦で話し合う時間も重要です。敵的な婦人科検診の受診と、毎日決まった時間に基礎体温を測る事から始めましょう。基礎体温を測ることにより、生理周期、正常な排卵が行われているか、排卵後のホルモンが足りているかなど妊娠に重要な情報がわかります。スマホのアプリなどを利用して記録することも出来ます。

2、初診・基礎検査 不妊治療をスムーズに進めるために、その原因がどこにあるのかを丁寧に調べていきます。なお、問診票には正確に記入を。男性はおたふくかぜ、女性は風疹などの病歴を事前に確認しておきましょう。初診時に基礎疾患の検査として内診・超音波検査・血液検査などを行います。

3、タイミング法 検査で大きな異常が見つからなかった場合に卵子の発育を見ながら、排卵する時期に合わせて性交渉をすることで自然妊娠へと導きます。妊娠できる期間は排卵日の前後数日ととても短い期間です。より妊娠の確率を高めるために、排卵日を特定することで卵子と精子がきちんと出会えるようにドクターにサポートしてもらいます。

4、人工授精 運動性の高い精液を集めて妊娠しやすい時期に子宮に注入し受精をサポートする人工授精。毎月行っても問題はなく、麻酔の必要もないので女性の身体への負担が少ないといわれています。通常は膣の中で射精された精子が子宮の入り口の頸管を通って卵管までたどり着きますが、その距離を大幅に縮めることで精子と卵子が出会える確率を高める方法です。費用の目安は1回1万5千円~2万円前後です。

5、体外受精 体外に取り出した卵子と精子の受精を体外で行い、受精卵が育ったのを確認してから子宮に戻す方法。精子に問題がある場合には卵子1個に精子1匹を顕微鏡下で受精させる顕微鏡受精を行います。費用の目安は30万円~100万円。

(出典:Doctor’s File)


「妊娠しやすい食生活」とは?

妊娠には体の状態を妊娠しやすい状態にしておくことも大切です。

5つのポイント

1、赤い食材で血行を促進する。 赤身の魚、ニンジンなど
2、コンビニ食は減らそう。保存料などの添加物を避けましょう
3、黒い食材でホルモン力を高める。 黒ゴマ、ひじきなど
4、朝ごはんを食べて女性ホルモンの働きを整えましょう
5、20時までに夕食を摂り、副交感神経を優位にして、卵子に良い影響を与えましょう。

「妊活」についていかがでしたか。「子供が欲しい」という想いが叶うといいですね。でも子供が全てではないという事も覚えておきましょう。あまりにも子供のことばかり考えているとストレスになりかえって良くない事にもなりかねません。夫婦仲良くが一番です。




恋人22

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)