「ブラック企業」という言葉を聞くようになって久しいですが、どのような会社のことを指しているのでしょうか。出来ればそのような会社で働きたくはありませんよね。正規雇用が少なくなっている今、アルバイトでも「ブラック企業」に入ってしまったなんてこともあるようです。アルバイトだからと言って、いいというわけでもありません。さて、どのようにしたら、見分けることが出来るのでしょうか。

「ブラック企業」とは

従業員に対して、劣悪な環境での労働を強いる企業のことをいいます。“悪徳業者”と混同して使用されている例もしばしば見受けられますが、”ブラック企業“と”悪徳業者”は必ずしも一致するものではありません。

1.労働法やその他の法令に抵触、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いる。
2.関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)・労災隠しを従業員に強いる。
3.パワーハラスメントという暴力的共生を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる。

というのが定義のようです。
(参考:はてなキーワード)

はっきりとした線引きがないので、なかなか働く側で見極めるのは難しいところですね。
景気が上向いてきたとはいえ、正規雇用で採用されるのは簡単ではありません。ハローワークで紹介してもらったところが「ブラック企業」だったという話も少なくないようです。

「ブラック企業」の見極め方

なるべくなら、ブラック企業には入りたくないものです。では、どのように雇用される側は見極めたら良いのでしょう。

・採用通知などの連絡が、書面ではなく雇用条件が雇用契約を結ぶまでわからない。ひどい時には雇用契約を結ばない。雇用契約が締結されていないと、雇用条件がはっきりとわからないため、争い等になった場合に困ってしまいます。

・常に求人している。業務の拡大等の目的で従業員を増やしているなら良いのですが、常に従業員が辞めてしまうために採用をしている企業はちょっと危ないかもしれません。

・試用期間がやたら長い。試用期間であると、賃金が安かったりと雇用される側として不利な条件が多いのです。

・やたらと労働時間が長い。定時に終わる仕事ばかりではありませんが、いつも残業ばかりしているのはいかがなものかと思います。

「ブラック企業大賞」なるものもありますので、参考にチェックしてみるのも良いでしょう。

「ブラック企業大賞」

ブラック企業大賞企画委員会が定めたブラック企業の大賞を見極める指標は以下の通りです。

・長時間労働
・セクハラ・パワハラ
・いじめ
・長時間過密労働
・低賃金
・コンプライアンス違反
・育休・産休などの制度の不備
・労組への敵対度
・派遣差別
・残業代未払い

これらを総合的に判断して、決めているようです。
どこの企業でもありそうなことですね。
(参考:はてなダイアリー)

「ブラック企業」に入ってしまったら

入る前にはわからなかったけれど、実際働きはじめたら、持っていたイメージとはだいぶ違うということはよくあります。
相談される内容として多いのは以下の内容です。

「いきなり営業してこいと言われた」
「終電近くまで、毎日働いているのに残業代がつかない」
「何の指導もないまま、いきなりノルマを与えられた」
「経費が自腹」
「上司から営業成績が振るわず、毎日のように上司から嫌味を言われる」

昔からよく聞くような内容もありますが、悪しき慣習を都合よく利用し、理不尽なことを強要してくることも多くあるのです。

まずは、「辞めてもいいのだ」と考えて下さい。責任感が強い人ほど抱え込んでしまいがちですが、もっと良い条件のところはあるのです。一人で抱え込んで、過労状態や精神的に追い込まれてしまわないよう、「辞めるという選択しあるのだ」と気持ちの中に持っておきましょう。
何かあったときのためにきちんと記録と証拠を取っておくことも大切です。タイムカード等のコピーはとっておき、様々な事をメモ書きにして残しておいても良いです。
労働基準監督署に告発する。全国に労働基準監督署はありますので、管轄のところを調べて相談に行ってみましょう。その際、証拠等を揃えていくことをお勧めします。労働基準監督署から企業に対して指導が行われるようです。

「労働審判」「裁判」という方法も最終的にはあります。ここまで進んでしまうと、精神的な負担もかなりあると思いますので、早い段階で何とか対処できるといいですね。
(参考:JUST会社ウォッチ)

働いていると何らかの不満はあるものです。だから仕方ないとあきらめてはいませんか。もしかしたら、あなたの働いている会社は「ブラック企業」かもしれません。まじめな人ほど我慢してしまいがちです。どうなのか迷ったら、周りの信頼できる人に相談してみましょう。一人で悩む必要はありませんよ。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】


CSS_zangyougirl1292-thumb-1000xauto-12520

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)