あなたはコーヒーをどんなタイミングで飲んでいますか?

 

ちなみに諸説ありますが、現在世界中で飲まれているアイスコーヒーという飲み物を考えついたのは大正時代の日本と言われているのです。しかし、アイスコーヒーに関して、世界各国で飲まれるようになったのもここ10年ぐらいと意外に歴史は浅いのです。

 

日本におけるコーヒー事情は、ここ10年で最近では様々な種類のコーヒーが存在します。

その中でも代表的に飲まれているのが「エスプレッソコーヒー」です。深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことでコーヒー本来の香りや味わいを堪能できるのみかたです。

 

このイタリアで生まれたエスプレッソコーヒーですが日本人の飲み方と本場での飲み方には若干の違いが見受けられるのです。日本人は苦さを楽しむ(濃厚な味を堪能したい)のに対しイタリアでは、砂糖を入れずいわゆるブラックで飲む人はほとんどいないのです。エスプレッソは、抽出された時点では未完成で、砂糖を入れる事で自分好みのエスプレッソに代わるのです。日本人はエスプレッソに対して「苦い」「濃い」「カフェインが多い」「量が少ない」「量の割に値段が高い」といったネガティブな五大イメージを持っていますが、それは間違いではありません。

 

その為、午後に飲むコーヒーはシャキっとして引きしまるのです。これはカフェイン効果が発揮されているからです。体内のたんぱく質などをエネルギーに変えるホルモンが活発な状態でコーヒーを飲んでも実はそのホルモンの働きの方が強いのでコーヒーのカフェイン効果が100パーセント発揮できなくなります。そこで、このホルモンの分泌が多くでる時間帯を避けてコーヒーのカフェインを摂取した方が良いのです。

 

ホルモンの分泌が多くなる時間帯

♦朝8時から朝9時

♦正午から午前1時

♦午後5時半から午後6時半

 

ですので、食後2時ぐらいからコーヒーを飲むと効果が高く表れるという事になりますので、是非効果を試してはいかがでしょうか?

「幻のコーヒー」といわれるジャコウネココーヒー。
希少なコーヒーがここにあります。

a1180_015573_m
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)