うれしい妊娠!でも、職場が男性だらけで産休を取得しにくい、地元が待機児童の問題のため保育園に預けられない、職場がまだまだ産休育休制度を理解してくれずに「妊娠したら辞めるんだよね?」という環境など、まだまだ育児をしながら働くことが当たり前とはいかない人も少なくないと思います。それでも働きたい、そんなママは確実に多いと思うんです。そこで、まだまだ遅くない、出産後から始める就活について考えてみませんか。

<育児をしながら資格をとってみる?>

今まで続けてきた仕事、出産後も同じ業界で働いてみますか?それとも思い切って新しい業界に?同じ業界で働くにしても出産前後のブランクをプラスにしたいですよね。その1つが+αになる資格です。

また、出産後は全く違う業界に、たとえば子どもがいるからこそ興味を持てるようなベビーマッサージやベビーサイン、子どもがいるママ達専門の出張ネイル、まつエクなどを仕事にするために勉強してみてもいいかもしれません。

もちろん出産後はベビーにかかりきりで勉強どころでは、と思ってしまいますが、最短でとらなくてもいいんです。今日は余裕があるなと思った時に勉強すればそれでOKです。

<保活に就活、ちょっとずらしてみる?>

出産前に退職してしまうと、「早くみつけないと」「早く保育園にいれないと」ととにかく焦ってしまいがちですが、ちょっと一息してみませんか。というのも、0歳児で保育園に入るためにはたくさんの点数が必要です。ところが、1歳半~2歳になってくると保育園によっては空きが出てきます。もちろん空きが出る保育園によっては月額が高い場合もありますが、それまでの時期を子どもとゆっくり過ごす時間、または前述の通り資格取得のための勉強の時間、一時保育を利用して通学してみるのもいいかもしれません。

焦って保活や就活をして就職してもすぐ辞めてしまうより、じっくりとどんな職場が自分にあっているのか、もう1人出産したい場合の産休育休制度はどうなっているのか、などしっかりとリサーチして見極めるのもいいかもしれません。

<保育園じゃなくても働ける?>

保育園の待機児童の問題はニュースでもよく取り上げられていますが、運悪く保育園には入れないままもう幼稚園入園の年になってしまったという方も多いと思います。でもまだ諦める必要はありません。今は幼稚園でも「延長保育」という形で定時は14時半でも17時まで預かってくれたり、習い事に行かせてくれたりといろいろなカリキュラムが含まれています。

もちろん延長保育となると別途料金はかかりますが、子どもも慣れてくると「○○ちゃんが長い時間幼稚園にいるから私もいたいな」などと言うようになります。もちろん週5日ではなくても、週2日でも3日でも働ける環境にあるのであれば、チャンスです。

大切なのは長く続けられる仕事を選ぶことなので、幼稚園の間だけ、無理すればなんとか、というのは論外です。というのも、幼稚園は午前保育の日というのもあります。そこが保育園とは違うところですが、運動会の前や始業式から1週間は午前保育となるとこの期間は延長保育がありませんという幼稚園もあります。

そのような事情を鑑みても働ける職場、職務内容を選ぶようにしましょう。同じように夏休みもあります。もちろん近くの保育園の一時保育も利用できますので、習い事のサマースクールを含めていろいろなスケジュールを組み合わせて子どもにも自分にも無理なくむしろ少し余裕があるくらいのスケジュールをおすすめします。

働きたいけどこのままじゃ保育園に入れない、前職が退職せざるをえなかった、など人それぞれ事情があります。でも、焦らなくても必ず復職できるチャンスはでてきます。その時までに自らの市場価値を高めておくことで、思わぬ業界で働くことになるかもしれません。さらに、子どもを育てるこの大変さも必ず次の仕事で役立ってきます。ぜひ数年後を見越して自分のいいとこ探しをしてみてください。
 
 

 
e9ceb8eb2023a4643c2d87b8d98b831b_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)