女性の社会進出が進み、キャリアアップを目指す、いわゆるキャリアウーマンもどんどん増えてきています。
でも、その一方で結婚とキャリアを天秤にかけなければいけないケースが多く存在しているという現実もあるのです。

結婚をしようとすると「子供を持つの?」「いつ辞めるの?」という周囲からのプレッシャーがあったり、配偶者の勤務形態のために退職をせざるを得ない状態に陥ることも。
そのため、結婚をためらうキャリアウーマンも多く、結果、多くの女性はどちらかをあきらめなければならないという状況の中で苦しんでいるのです。

とはいっても、女性の中には結婚し、子供をもっているのにキャリアを積めたという人がいるのも事実。
そういう人はどう動いているのでしょうか?
キャリアも結婚も!と思っている人は、先輩方の生き方を参考にし、両方手に入れちゃいましょう!

人間関係はきちんと築いておくのが第一条件

人間関係がうまくいっていることがキャリアをあきらめずに済む第一条件です。
結婚後、職場にいづらくなるケースの一つに、同僚のやっかみがあるからです。

女ならわかると思うのですが、不幸な女って幸せな女をねたむものなんですよね。
「結婚したんだから旦那に養ってもらえば~?」「もう引退時よね!」「家のことしなくていいの?」こんな嫌味を言われる可能性だって考えなければいけません。

けれど、日頃から周囲と良好な関係を築いていればおおっぴらに嫌味を言われることも減りますし、言われたとしてもかばってもらえる場合があります。
これは妊娠出産のときにも言えることで、快く育休をもらえるかどうかはそれまでの人間関係にも関わってきますよ。
また、人間関係がうまくいっていれば、いったん休職や退職をしてしまっても再就職しやすくなることもありますので、結婚の話が出る前に、周囲の人間とうまくやっていけるようにしておきましょう。

資格を取ると有利に!いかに必要な人間になるかがキーポイント

資格があるかないかは当然重要なことです。
全く資格がない人間よりも資格があったほうが必要な人間として扱われるでしょう。
そのほか、自分だけができる仕事を見つける、人一倍仕事を一生懸命やる、会社に有利なツテや人脈を作っておくことも大切です。

会社にとって【なくてはならない人】になっていれば、結婚しても続けてくれ、子供を産んでもやめないでほしい、となりますので、会社に残りやすい環境を作ることができます。
たとえもし、退職をしてしまったとしても、同じ業界での再就職もしやすくなりますし、スキルを身に着けていて損なことはありません。

先に結婚する人たちには親切にしよう

意外と盲点なのは、先に結婚する人たちへの接し方です。
先に結婚する人たちに冷たくしていたら、会社自体がそんな雰囲気になってしまいます。
すると、いざ自分が結婚することになった時、同じような扱いをされても文句は言えませんよね?
結婚の予定があってもなくても、キャリアを積みたい女性は職場の雰囲気にも気を配っておかなければならないというわけですね。

共働きに必要な家庭のルール

共働きをするためには、家庭のルールというものがあります。
現実の共働き家庭での家事分担は女性の方に負担がかかりすぎ、そのため、結婚後も続けたいと思っていたはずの仕事をあきらめないといけなくなるということもあります。
結婚前に仕事を続けたいこと、家事を平等に分担することを話し合って決めておきましょう。

また、パートナーに転勤がある場合は、思い切って単身赴任をしてもらうのも手です。
しかし、パートナーに単身赴任をさせるには大きな覚悟が必要ですよね。
夫婦が離れて暮らすため、家庭は破たんしやすくなりますし、お互いの関係を築きにくくなる傾向があるのは確かです。
それでも相手を信じる、キャリアが大切というのであれば、単身赴任も一つの手です。
お互いによくよく話し合って決めるようにしてください。

結婚も仕事も一人でできるものではありません。
誰かと一緒に作り上げなければならないものです。
ですので、常に誰かを大切にするようにしなければどちらもうまくいくはずがないのです。
周囲の人たちやパートナーの気持ちを考えながら行動できる女性にこそ、キャリアウーマンの道が開けるのです。



8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)