普段のおもてなしだけではなく、ビジネスシーンで急にお茶を出す機会があった場合でも、マナーのある美しい所作で女性らしく振る舞いたいものです。そこで今回は、会社でお客様に綺麗にお茶を出すときの基本的なマナーを紹介します。


◎お盆にセッティング

緑茶を入れたら茶たくと湯飲みは別々にしてお盆にのせます。茶たくの上に湯呑みをのせたままの状態で運びません。また、水滴が湯飲みについていないか確認しましょう。もし濡れていたら綺麗に拭いておきましょう。

当たり前のことですが、熱すぎる、ぬるすぎるなど…温度はもちろんのこと、数人にお茶をお出しする場合はお茶の濃さと量は均等かどうかもチェックしましょう!


◎入室の仕方

入室するときは両手でお盆を持ち、入り口で軽く会釈します。このとき、深々とおじぎはしなくてもかまいません。お茶に髪がかかったり、息がかかるのも良くありませんので…軽く会釈でいいです。
無表情は良くありませんので口角を上げて爽やかに!

「感じの良い」会釈をするように心がけましょう。


◎セット

応接室に入ったらサイドテーブルやテーブルの端にお盆を置き、一つずつ湯飲みを茶たくにのせていきましょう。
茶たくに湯飲みをのせるとき、湯飲みの外側を持つようにしましょう。

そしてもう片方の手は湯飲みの底に添えて丁寧に茶たくへ置きます。このとき湯飲みの縁を触らないように気をつけましょう!お客様の飲み口に直接触れてしまうことになりますので縁には触れないように注意します。


◎お茶出し

右手で湯飲みを持つ人が多いので相手の右側から両手でそっと美しく出します。室内では会議中の場合もありますので邪魔になって話が途切れないように注意します。なるべく音は立てないようにしましょう。湯飲みは湯飲みの柄が手前に来るように出します。

書類などが広がっている場合は場所を考えて邪魔にならない所に置きましょう。万が一置く場所がなくても勝手に書類に触れたり、動かしてはいけません。そのときに応じて臨機応変に判断しましょう!


◎お茶出しのときのルール

その場の主賓ともいえる立場が上の人からお茶を出します。上座の人からお茶を指すのは鉄則です!
あらかじめ上座、下座を把握しておき、必ず正しい順序でお茶を出すようにしましょう。くれぐれも失礼のないように気をつけます。

お客様の右側に湯飲みを置くのが基本です。どうしても置く場所がない場合は「失礼します」とひと声をかけてから空いているスペースに置くようにしましょう。


◎手先

指先は短くカットされている整った美しいネイルが理想です。マニキュアもナチュラルなベージュ系や薄いピンクがキレイではないでしょうか。清潔感のある手先が良いですね。爪が伸びていたりマニキュアが剥げていたりして手入れをしていない女性は見ていて美しくありませんね。
感じの良いビジネスシーンに合ったメイクも含め、日ごろからきちんと自分の身の回りのお手入れはしておきたいですね。

またヘアスタイルも同じく、髪もすっきりまとめるなどして清潔にしましょう。こういったビジネスシーンでの基本的なマナーに沿った美しい振る舞いが自然にできる女性は素敵ですし魅力的ではないでしょうか。憧れですよね!



いかがでしたか。基本的なお茶出しのマナーを身に着けておけば、いざというときに焦ることなく美しくおもてなしをして振る舞うことができますね。相手のことを気遣い、気持ちよく心地のいいおもてなしをしましょう。

日ごろから相手が心地よく感じる雰囲気をつくっておけば、突然の訪問でマナーが試されるときでも落ち着いて対応することができますよね。女性らしく美しいしぐさでお茶を出して振る舞いましょう!


ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!


OL

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)