昔は結婚式や披露宴は家と家のつながりに重点を置かれ、格式ばったものが多く、色々なしきたりもありました。ですが最近では結婚に対する意識も変わり、自分たちオリジナルのアットホームな式、家族だけで海外挙式やカジュアルなパーティーにするなど形式にこだわらず自由でさまざまですね。

どんな形式であっても、結婚式や披露パーティーでの基本のマナーやルールは今も昔もさほど変わらないのではないでしょうか。形にこだわらないからといって自由で何でもOK!というわけではありませんよね。時々、結婚式にふさわしくない服装や髪型の人を見かけたりします。そこで今回は今さら聞けない……知っておくと役に立つ結婚式のときの服装のマナーについて触れます。

◆洋装のマナー

上品で華やかなワンピースやスーツなどで行きましょう。新婦と同じ白いものや派手すぎる柄ものは避けましょう。黒一色も良くありません。大人の女性として華やかで、品のあるものを選びたいですよね。

カジュアルすぎる洋服や奇抜なデザインや色ものもタブーです。さまざまな年齢の人が出席する場所でもありますので肌の露出にも気をつけたいですね。流行だからと胸もとや背中が大きく開いたドレスは下品なイメージになってしまいます。ノースリーブを着る場合や大きく胸元が開いたデザインのものはストールなどで肌の露出を隠して上品にしましょう。

またヒールの高さにも気をつけましょう。ぺたんこの靴だとカジュアルな印象になります。ヒールが高すぎても下品でおかしいので5センチくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

◆和装のマナー

ご存知のとおり、未婚と既婚では着る着物が違います。格式が高いものは未婚女性なら振り袖、既婚女性なら留め袖です。ただしこれは新婦の母親や姉妹などが身につけるものです。新郎新婦よりも目立ってはいけませんので、招待客なら親族よりも一段格式を下げた訪問着や色留め袖などを選ぶようにしましょう。これなら未婚、既婚問わずに着ることができます。

◆服装Q&A

・カジュアルなパーティーなので「平服で」と言われたけどどうすればよい?

「平服」とは普段着という意味ではありません。華やかなロングのドレスや振り袖などでなくても良い、という意味なので綺麗なワンピースやスーツなどを着て行くのが無難です。

・子供を連れていく場合、どんな格好をすれば良いの?

子供の場合はスーツやドレスなど手持ちがなくて困ってしまうこともありますよね。学校の制服があれば制服でかまいません。制服が礼装になります。制服がなければ、女の子はジャンパースカートにブラウス、男の子は紺のブレザーにパンツを合わせるなど、きちんとしたものを用意するようにしましょう。派手な色やデザインのものは避けましょう。

・香水はつけてもいいの?

香水は避けるようにしましょう。たくさんの人が来ていますし、香水が苦手な人もいるでしょう。また料理を食べる場にもなりますので控えた方が良いです。

・帽子や手袋はどうしたらいいの?

つばのある帽子は室内では取るのがマナーです。ですが洋服とセットになっているような小さなつばのない帽子ならかぶったままでもかまいません。手袋は、つけていてもかまいませんが乾杯のときにははずしておきましょう。

いかがでしたか。大切なことは相手のことをお祝いする気持ちですよね。その場にふさわしい格好やお祝いの言葉、御祝儀など…大人の女性として美しく振る舞い、新郎新婦と素敵な時間を過ごしましょう。いつでも思いやりを持ち、相手のことだけではなく、参列している周りの人たちにも気を配り、みんなが心地よく過ごすことができるようにマナーを身につけておきたいですよね!



f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)