人それぞれと言ってしまえばそれ迄でございますが、ある統計をみると幾つかの場所・キッカケに纏まった数字がでている様ですので、ベスト3を紹介したいと思います。

 
【3位:合コン・パーティー】
意外にも三位だったようであります、流行の合コン。数撃ちゃ当たる、という言葉がありますように、宝くじの様なものでありますから、当たり外れが大きいのでございます。その辺も相俟って、一位ではなかったようであります。

【2位:学校】
エピソードの中には、同窓会で惚れ直した、学生時代より長らく、との話しもありました。ごく自然な姿を相互見ていられるという事が、また良いのかもしれませんね。勉強している姿、スポーツしている姿、制服姿、下手なプレゼンをしている姿等等、ココロ踊るシチュエーションが多いのが学校でありますから、恋人になる確立も自然と高くなるのでございましょう。

【1位:職場関係】
堂々の一位を獲得したのは、職場関係であったそうです。取引先の男性であったり、派遣できた後輩だったりと、同じ部署や職場でなくてもカップルになったというエピソードが続々。そして部下や上司、部署違いの人というのも王道なようでございます。愚痴も共有可能、悩みも共有可能、上にスーツ(制服)が七難隠す、その他色々なことが重なりますから、比較的相手は直ぐに見つかるようであります。

 
【年代別で出会いの場が違う?】
10代では、学校と掲示板というのが多く見られました。高校にもなればバイト先、そこに伴う客にまで発展するようであります。若さという武器も相俟って、敵無し恐怖無し、そんな具合なようです。20代全般ですと、圧倒的に合コンが多いようで。その他友達からの紹介、大学、バイト。世界が徐々に広くなり、社会に近づいていくにつれ、出会いの場も増えて来るわけでありますね。一番楽しい時期なのではないでしょうか。20代後半から先は、合コン、がお見合い、に言葉を変えるようであります。結婚を前提にお付き合いをしたいと考える人が多い証拠でございますね。世界も仕事場だけに限定されてくるようでありまして、見飽きた顔ばかりになる傾向が在るようでございます。


さて、いかがでしたでしょうか。恋人が居ないアナタも、他人がどのようにしてそれをゲットしたか把握しておけば、行動しやすくなるかと思います。今回のコラムで載らなかったケースも多数存在いたいしまして、コンビニで出会った、落とし物を通じて出会った、等ドラマチックな話しもありました。どこで出会いが転がっているのか解らないものなのでございますね。できれば、ヒントくらいは欲しいところではないでしょうか。目には見えぬが、素晴らしい出会いに当たれることを楽しみに、日々を送るのも楽しいのではないでしょうか。

男女の出会い

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)