みなさんは、舞妓さんにお会いした事がありますか?

やっぱり出会う機会が多い観光地が断然「京都」ですよね。その中でも圧倒的に舞妓さんの出没エリアが祇園の「花見小路通」です。祇園は京都観光の中でも代表的なスポットで、風情を残した街並みに舞妓さんの姿を求めて多くの観光客が集うエリアですが、なかなか都合よく舞妓さんには会えなくて残念に思った人も多いんではないでしょうか。そんな人に向けて実は祇園のほかにもあまり知られていない隠れた舞妓出没エリアがあるんです。鴨川の西側の四条と三条の間辺り、先斗町(ぽんとちょう)という通りです。ここにはお茶屋のほかに舞妓さんのための練習場、歌舞連場(かぶれんじょう)や、舞妓さんが通う学校「八坂女紅場学園」(やさかにょこうばがくえん)があり、昼間から舞妓さん、芸妓さんが通りかかることが非常に多いんです。私もこの通りで舞妓さんと遭遇したんですがその際、ついみずみずしい白い肌が気になって見てしまったんですけど、お肌がむきたてのたまごのようなきめの細かい肌だったんですよ。美肌を保つために舞妓さんはどんな一日を送っているのか調べてみました。


舞妓さんの一日のスケジュール


♦朝のお稽古
だいたい8時ごろ起床し、朝食を食べた後、祇園の舞妓さんの学校にあたる「八坂女紅場学園」で踊りや素振りなどなどの稽古をお昼ごろまでつけてもらい自分の芸を磨きます。時には師匠の厳しい指導を受け、時にはお姐さん方の芸を見ながら、早く一人前になれるようお稽古を重ねます。

 

♦お昼ごはん
午前のお稽古が終わってすぐお昼御飯です。毎日ハードな舞妓さんにとって一番楽しみな時間かもしれませんね。基本的には自分の家で食べるようですが、普通の女子高生やOLさんと変わらなくパスタを食べたりコーヒーを飲んだりと自由な時間を送っているようです。

 

♦午後
お昼ご飯を食べた後は、しばしの休憩タイムです。前の晩のお座敷が遅かった際は、お昼寝したり、本を読んだり、掃除をしたりと思い思いの時間を過ごします。この時間に自主練習したりもします。日が傾いてきたらそろそろお座敷の準備です。髪を整え、かんざし指して白粉や紅を塗って最後に男衆という着物を着せる専門の男性に着付けてもらったら・・・祇園の夜の始まりです。

 

♦お座敷
お座敷では、お客様の前ではお座敷遊びや舞を披露したり、お酌をするのが仕事ですが、お座敷は1日1軒だけではないんです。忙しい日は5軒ぐらいお座敷を行ったり来たりしています。毎日大体、午前1時ぐらいまでは働きます。また、お仕事も祇園のお茶屋さん以外にも最近ではホテルでのパーティーや地方出張も行います。

 

調べてみると舞妓さんの一日ってこんなに大変なんですね。きっと午前1時ぐらいにお座敷が終わって、帰宅して、お化粧を落として寝るんでしょう。しかし、寝る前の一手間に舞妓さんの美肌のヒミツが有ったんです。そのヒミツは、普通に洗顔をした後に、100回すすぐという一見簡単なことなんだそうです。しかし、毎日100回のすすぎは意外に大変です。そこで炭酸水を利用する事により血流をよくして新陳代謝を促し、シミ、くすみ、毛穴のトラブルなどの改善や美白効果も期待できます。そんな「炭酸泡」を閉じ込めた美容液【SPARK BEAUTY carbonated essence】です。炭酸には長期的に見て肌を整える効果、炭酸の気泡による老廃物や皮脂の汚れの吸着効果が実証されています。

忙しい毎日でも、寝る前の一手間で舞妓さんのような美しい肌が手に入るんです。皆さんも炭酸ケアーはじめませんか?

SPARK BEAUTY carbonated essence】http://goo.gl/CQvYLi

s-2009021519062110770

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)