もう既にゴールデンウィークを満喫している人は多いのではないでしょうか

しかし、ゴールデンウィークが終わるとかかりやすいのが五月病です。五月病は、4月に入社した新入社員や配属が変わった社員などが、今までとは異なる環境に入った時に起こりやすいといわれています。当初は期待感や緊張感からやる気があるものの、環境が変わり1カ月ほど経過したときに、今までの緊張感やこのままでついていけるだろうかといった不安が生じ、無気力感や不安感、焦りなどが出てくる症状として知られています。

ある日突然やって来るのです。普段と同じように会社や学校に向かうがなんだか不調、突然休みたくなるこんな症状ないですか。特に連休の後が要注意です。5月病と思う前に正しい対処方法を身に着けておきましょう。先ずは、症状を知ることが大切です。


5月病の症状
意外に知られていませんがこの症状は決して5月に限って起こるものではないのです。人は不慣れな環境や、周囲の変化など、緊張状態が続く環境に身を置くと徐々にストレスが蓄積していきます。また、持続的で心理的負荷の高い環境では、メンタル不調が起こりやすくなり、その際に本人が仕事を抱え込んでいたりすると、不調の自覚に乏しくなるケースもあるそうです。また体と心の疲れにより、朝起きられなくなり、出勤・登校が億劫などの症状が現れてきます。五月病は若い新入社員・新社会人などに多く見られ、新しい環境に慣れ始める夏ごろになると自然とその症状はなくなっていくのが通例でした。しかし現在では、新社会人だけでなく部署移動や転職などで新しい環境に置かれた中高年にも増加しています。つまり、ストレス社会の現代に生きる以上、五月病になる可能性は誰にでもあると言えるのです。さらに、五月病から「うつ病」になることもあるので、注意が必要です。


心の関係
五月病は心の変化などが大きく関わっています。そのような環境変化が、“幸せホルモン”とも呼ばれ、ストレスの軽減に役立つ脳内の神経伝達物質セロトニンの分泌を不足させ、その結果、感情を上手くコントロールできなくなる事から引き起こされます。その影響により、憂うつな気分になりやすくなるのです。この他にも、連休中の不規則な食事や夜更かしによる体内リズムの変化から、セロトニンの分泌が鈍くなってしまうことが原因といわれています。その為、連休明けに5月病が発生しやすいのも納得できます。


やる気はあっても体と心が付いていかず、やる気がなさそうに見えるその姿に、周囲からは怠けている・気合いが足りない、などと見られ、五月病の人は自分自身にさらにプレッシャーをかけ、症状を悪化させてしまうこともあります。これらのような状態が改善されず、1カ月以上続くと、うつ病につながることもあるので回りも注意してあげるのが大切です。

現代では、5月病も誰もが掛かりうる心の病になりつつあります。このような業況も、ストレス社会と言われる現代の環境によるものではないでしょうか。では、5月病に打ち勝つ対策として何が良いのでしょうか。


五月病からうつ病にならないために…対処と予防

五月病はちょっとした心がけで、症状の改善や予防をすることができます。一番は五月病の原因であるストレスの解消や、疲労回復を心がけること。もし「五月病かな」と思ったら、次のようなことを心がけてみましょう。下記の対処法は症状の改善だけでなく、予防にもなります。


♦新たな目標を探す
目標を決め取り組むことにより、自分自身を取り戻すきっかけになります。先ずは普段から出来る目標を決めて実行することが大切です。

♦悩みを自分一人で抱えない
悩み事は、自分一人で解決できない事もあります。友人や家族、恋人などに話し、アドバイスをもらったりして、自分一人で抱え込むことはやめましょう。

♦完璧を求めすぎない
何事も一生懸命にやるのはとても素晴らしいことですが、完璧を求めすぎると自分が考えている以上に心の負担になる事が大きいのです。上手くいかなくてもいい、失敗して成功があると考えた方が良いでしょう。

♦規則正しい生活をしましょう
このGWは、特に不規則な生活になりがちです。不規則な生活が続くとセロトニンの分泌が抑えられます。セロトニンの分泌を促すためにも、毎日太陽の光を浴びて休み中も決まった時間に起きるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

♦体を動かし気分と共にリフレッシュ
朝少し早起きをしてジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動などが効果的です。脳内のセロトニンが活発になり、憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれます。

♦セロトニンを含む食品を摂取する
セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与えます。心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、幸せホルモンとも呼ばれます。セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患なりやすいと言われています。セロトニンは上記の方法でも分泌されますが、セロトニン不足を補うため、バナナや乳製品、大豆製品などセロトニンを含んだ食べ物を摂取するといいでしょう。


5月病なども疲労だけでなく心の疲労が大きく関わっています。何かとストレスを抱えてしまいやすい現代の生活です。しっかり睡眠をとり、規則正しい生活行う事や、友人や家族、恋人などと話をしたりして、ストレッスを適度に発散することが大切です。ストレスを完全になくすことは出来ません。洋服を変えてみたり髪型を変えてみたりするのも良いでしょう。ONとOFFを切替えストレスとの上手い付き合い方をすることを心がけてください。

特に休み明けは気分もふさぎがちになります。GW明けに身の回りの品物を新しくして気分を変えて初心に帰ってみてはいかがでしょうか。通勤、通学に最適な、【高級牛革 トート肩掛け2way A4対応バッグ】です。誰でも新しい物を使うと気分も心も満たされます。この機会に、通勤通学カバンを新しいものに変えてみてはいかがでしょうか。
【高級牛革 トート肩掛け2way A4対応バッグ】http://goo.gl/FA91cY

PAK93_heyadehitoribocchi20140322500-thumb-815xauto-4344

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)