今年のメイクのトレンドは「反対メイク」や「二色使いメイク」。これとこれって合うの?なんていう先入観にとらわれず、色んな色を試してみましょう。反対メイクも二色使いメイクもおしゃれの鍵は同じで「立体感とバランスを保つこと」。今回はトレンドメイクの注意点と上手なメイク法をご紹介します。

 

おしゃれ女子はトレンドメイクに敏感であるべし♪


 

出典:jp.pinterest.com

 

服にもトレンドがあるように、メイクにも毎年流行があります。

少し前は血色を際立たせるおフェロメイクが流行しましたね。

コスメもいかにも化粧しているようではなく、自然な血色の良さを表せるリップやチークが人気でした。

 

では今年はなにがトレンド?

毎年のトレンドメイクについていくことも、おしゃれ女子の努力の見せ所!

モデルやメイクアーティストさんのおすすめコスメなどの情報にいち早くあり、流行の波に取り残されないようにしたいですね。

 

今年のメイクのキーワードは「反対メイク」や「ピンポイントメイク」。

今までは顔全体に統一感を持たせるメイクが一般的でしたが、ピンポイントに集中したメイクを施し、他の部分は引き算するメイクが流行りそうな予感です。

 

では一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

今年のトレンド反対メイクに乗り遅れるな!


 

出典:jp.pinterest.com

 

反対メイクとはその名の通りアイメイクとリップを反対色でまとめたり、片方にきっちり色を付けるならもう一方はほとんど色を入れずにナチュラルで抑えるといった方法の事です。

 

例えば唇に真っ赤なボルドーのリップを塗ったなら、不自然なくらい目元はあっさりと、アイラインもアイシャドーも入れません。

そうすることでリップをとことん際立たせることができます。

 

もしくはアイライン、アイシャドー、マスカラをしっかり塗って、アイメイクに力を入れたなら、唇はヌーディーな透明のリップを塗るくらいで抑えます。

 

今年はやりそうな色は?二色使いのメイク術も今年流!


 

出典:jp.pinterest.com

 

今年はやりそうな色はダークレッドとオレンジ。

バイオレットやパープルも人気が出そうです。

そこにギラギラに輝くグリッターを乗せるのも今年流。

目元に派手めなグリッターを入れたならリップは抑えてヌーディーに仕上げましょう。

 

さらに目元にオレンジ、唇をボルドーレッドなど別々の色を入れるのもオッケーです。

今年は先入観にとらわれずに楽しんでメイクしていきましょう。

 

二色使いも今年流です。

例えば目元全体に少しマットな濃いめなパープルをのせ、アンダーラインにピンクを塗ると自然なグラデーションがでて素敵です。

青とイエロー、カーキとイエローなんていう組み合わせもありなさそうで実際つけてみると奥行がでてとてもキレイですよ。

 

メイク上級者さんに試して頂きたいのが、「リップの二色つかい」。

唇の内側と外側の色を微妙に変化させる二色使いも今年一押しのメイク術!

唇にさえ立体感がでてふっくらリップを作り上げることができます。

 

シーズンレスのメイクが流行の予感?


 

出典:jp.pinterest.com

 

春はパステルカラー、夏はビビットカラー、秋は落ち着いたシックなカラーなど「この季節はこの色が定番」というものがありますよね。

同じ赤でも春の赤と秋の赤では色味や濃淡が異なります。

今年はその季節に合わせたカラーの常識を打ち破る「シーズンレスメイク」が流行の予感です。

 

今年の春は、ワインレッドの赤にさらに黒味を帯びた落ち着いた赤が流行りそう。

どちらかというと秋冬に向いているような色ですが、それもシーズンレスだからこそできること。今までの常識にとらわれず、春先もシックで濃い色のメイクに挑戦してみましょう。

 

唇にダークな口紅をたっぷり塗ったら、目元は爽やかになにもつけずにバランスを取りましょう。

唇だけで十分派手なので、引き算メイクも大切です。

 

反対色メイクに合うチークメイクは?


 

出典:jp.pinterest.com

 

今年はアイメイクかリップどちらかひとつに集中的にメイクする「立体感」を強調したメイクが流行です。

そこに濃いめのチークをプラスするとバランスが悪くなってしまいます。

そこで今年はチークをほぼつけないチークなしメイクが流行りそうです。

 

チークがないとさびしいと思われる方は、ナチュラルな程度のオレンジ系のチークを薄く入れるくらいで十分でしょう。

 

 

今年のメイクのキーワードは「自由とバランス」。

自由な発想で、先入観にとらわれずメイクを楽しんでいきましょう。

 

引き算も上手にメイクするポイントです。

顔全体である部分はナチュラルメイクにするといった引き算をすることで、それ以外の部分を引き立てることができ、顔全体に奥行が出てきます。

「押して、押して、引いて」の心得も忘れずにトレンドメイク術をマスターしてくださいね♡



関連記事

・instagramでも話題♡恋が叶う?恋コスメでモテメイクしてみましょう♡

・2016年に大HIT♡昨年みんなに愛されたコスメNo.1は...!?【ベースメイク編】

・チークもパープル!?パープルチークで溢れる透明感を作ろう♡