気温の低さや乾燥等、今の時期は肌にとっても厳しい季節。皆さん、どんなスキンケアを日々実践していらっしゃるでしょうか? そして、そのスキンケアは本当に「正しい」スキンケアでしょうか?なかなか疑わない毎日のスキンケアの知識で、美肌になれるかどうかは大きく左右されます。 今回は美肌作りのための基礎の基礎、メイクを落とす時のNG事項や肌タイプ別のスキンケアポイントもご紹介していきます。 初心忘れるべからずとして、是非最後まで目を通してみて下さいね。

その知識、間違ってるかも?メイクを落とす時に絶対NGな事


 

1.ポイントメイクリムーバーは「ごしごし」しない!

 

出典:jp.pinterest.com

 

アイメイク周辺はクレンジングだと落ちにくいため、ついついポイントメイク用のメイク落としを使ってしまいますよね。

それ自体は否定しません。

むしろ、クレンジングでメイクが残った状態のままでいる方が肌には悪いので、しっかり落とすためにも必要と考えていいでしょう。

 

問題なのは、その「使い方」。

ポイントメイクリムーバーはその洗浄力の強さでポイントメイクをしっかり落としてくれるものですが、コットンに馴染ませて、そのまま何度もゴシゴシ・・・と目の周辺を擦っていませんか?

 

目の周辺の皮膚は薄く、とても繊細です。

何度も強く擦りすぎると、目元のシミやシワの原因になってしまいます。

 

リムーバーをコットンに馴染ませたら、アイメイクの上にそっと置いて、数秒そのまま固定。

リムーバー液がメイクと馴染んでから拭き取りましょう。

「数秒固定→そっと拭き取る」を2~3回程度繰り返せば、ほぼ間違いなくキレイに落ちています。

顔全体のメイク落としはそれから行えばOKです。

 

2.クレンジングと一緒にマッサージすると「肌老化」の原因に!

 

出典:jp.pinterest.com

 

現代の忙しい女性に向け、近年のクレンジングはスピード重視の仕様になっています。

皮脂汚れやメイクをいかに素早く、短時間で落とすかに焦点が置かれているため、「長く肌に乗せておく」事を前提には作られていません。

 

「クレンジングのついでにマッサージで肌をキレイに♪」と思って長くクレンジングを肌で伸ばしていると、逆に大きな肌ダメージとなります。

しかも、そこにメイクや皮脂汚れが含まれていたら、わざわざ汚れを肌に馴染ませているのと同じ事に!

 

もしマッサージをしたいなら美容オイルやマッサージ用のクリームを、クレンジングや洗顔後の清潔な肌でゆっくり行うのがベスト。

クレンジングは40秒~1分程度で必ず落としきりましょう。

 

 

3.肌を甘やかす事になるので、メイクを落とした後にスキンケアはしない

 

出典:jp.pinterest.com

 

これも間違った解釈がされてきています。

確かに、メイクを落とした後に用法や用量を超えた美容成分を使っても肌が吸収しきれない、という部分はあります。多く使えばいいというものではありません。

 

しかし、メイクは明らかに、肌にとっては「大きな負担」です。

メイクは油分が多いため、時間が経てば経つほど酸化し、肌に悪影響となります。

一日中メイクをしていた日の肌は間違い無く「疲労」状態です。

そこにスキンケアをしないと、肌のターンオーバーや維持が出来なくなってしまいます。

 

「肌を鍛える」のは20代前半まで。

それ以降はどんな時でもスキンケアを心がける事が美肌にも、アンチエイジングにも必須事項となってきます。

 

現代はスキンケアアイテムも最先端の技術が使われ、美肌には何が必要なのかが研究され尽くしています。

重要なのは「年齢と肌状態に合ったケアをする」事。

自分の肌には一体何が必要なのか、見直してみるといいかもしれませんね。

 

肌タイプ別ポイント:乾燥肌さん・・・「スキンケア」の概念を見直そう


 

出典:jp.pinterest.com

 

多くの女性は元々乾燥肌なのではなく、徐々に乾燥肌になっていっていると言われています。

原因としては過度のクレンジングと擦り過ぎ。

クレンジングの強力な洗浄力は皮脂や汚れと一緒に水分も奪い、さらに肌を濡らした状態で擦る事により、健康で正常な角質までがふやけてはがれてしまい、保水力をダウンさせてしまいます。

 

まずはクレンジングが「本当に必要かどうか」から見直していきましょう。

最近では肌負担を減らすため、洗顔だけで落ちるメイクアイテムも多く販売されています。

洗顔だけで済ませられるならそちらに切り替えると、肌負担が格段に減り、少しずつ回復傾向に向かう事も多いようです。

 

また、乾燥肌の方には、水分を飛ばしてしまうアルコールや刺激となる香料、着色料は無いものを選んだ方がいいというのはとても有名ですね。

安心安全だと考えてアロマで手作り化粧水を作ったり、オーガニックスキンケアを使うのもいいのですが、決して刺激成分が「無い」わけではありません。

例えアロマオイルで作ったとしても、オイル自体に「天然の」刺激成分が入っている事は多くあります。

どんな系統でも、過信しすぎない事が重要です。

 

肌タイプ別ポイント:脂性肌さん・・・脂質と保湿は分けて考えよう


 

出典:jp.pinterest.com

 

脂が多すぎてベタベタ、メイクが落ちやすくなってしまうのが脂性肌さん。

だからといって、皮脂の全てを落とそうと洗顔を繰り返したり、メイクをしている肌の油分を取る・・・これが実は逆効果。

 

皮脂は完全な悪者ではなく、肌のバリア機能としての側面も持っています。

全て取り除いてしまうと、肌トラブルを誘発してしまいます。

皮脂は「必要な分残す」そして「過剰な皮脂だけ取り除く」という意識を持ってみましょう。

 

過剰分泌には何らかの原因があります。

ストレスやホルモンバランス等、突き詰めていくとキリがありません。

 

保湿はしっかりと、しかし油分は少なめのスキンケアで肌を整えるのが先決。

オイルカットのスキンケアで、夜には毎日清潔な肌でいられるよう心がける事が大切です。

 

少しずつ過剰分泌から正常な状態に戻していければ、脂性肌の悩みは消えていきます。

日々の積み重ねで美肌を目指していきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

情報社会の昨今、肌に関する情報も多く流通しています。

便利な反面、間違った情報や自分には合っていない情報が錯綜しているのも事実です。

是非この機会に、ご自身の知識が本当に正しいかどうか、見直してみて下さいね。



関連記事

・バレンタインデートに間に合わせる!全身ツルスベ♡短期間スキンケアメソッド

・敏感肌さんの救世主“アヤナス”でよりもちもち潤い肌へ

・何気ない洗顔方法で老け顔に!?NGポイントをチェックしよう!