そろそろ春の足音も聞こえてきました。日が落ちるのも遅くなったし、少しずつ暖かくなってきました。始まりの季節、という感じがして、なんだか楽しくなってきますよね。しかし、始まるのは季節だけではありません。  「紫外線対策」も、冬とは違う、ランクアップした対策にグレードアップすべきです。油断大敵、春からの紫外線対策についての大切さを、解説していきたいと思います!

なぜ、春の紫外線対策が重要か


 

出典:jp.pinterest.com

 

「日焼けで困るのは夏」というイメージが、どうしても先行してしまいがちですが、春からの対策がとても重要です。それには、ちゃんと理由があります。

 

 

・日照時間が増え、紫外線が増え始める

この時期から、紫外線の量がだんだんと増え始めます。また、気温も高くなっていき、肌の露出も少しずつ増えます。紫外線量と肌の露出時間が同時期に増えるので、紫外線に当たる率が、冬に比べて何倍増もしてしまうのが、この春のシーズンなのです。

 

この時期に紫外線対策をしておかないと、夏場に一気にダメージが出てきてしまい、取り返しのつかない事になりかねません。

 

 

・春は、紫外線以外の要因で、肌へのダメージが多い

まず季節の変わり目なので、日光の他にも温度が変わります。温度変化に肌なついていけなくなり、皮脂分泌が過剰になってしまう場合があります。

また花粉も飛び始め、肌への刺激になります。敏感肌になってしまい、ひどい人だと、アレルギー反応が出る場合もあるようです。

 

他にも、春は私生活でも大きな変化が起きやすい季節です。バタバタして疲れたり、普段は感じないストレスを受けたりと、メンタル面でも影響を受けます。そうすると、自律神経が乱れて、結果、肌の調子が悪くなります。

 

これらようにこれだけ肌に対する環境変化が多いと、ダメージが蓄積されて、紫外線に負けてしまい、シミだけではなく、シワや毛穴の開き・・と、美肌とはかけ離れた肌へ真っ逆さまになってしまいます。

 

春の紫外線対策 何からどうすればいいの


 

出典:jp.pinterest.com

 

それでは、春からの紫外線対策を行うとして、一体何から始めたらいいのでしょうか。

筆者が押さえていただきたいピンとを2つ挙げます。

 

 

・冬から春へ、手持ちのアイテムを見直そう

冬は主に乾燥対策が多かったシーズンですが、春からは紫外線対策も視野に入れて、手持ちのアイテムを見直していきましょう。スキンケアアイテムは、保湿を重点的におくものから、美白効果やシミシワ対策の効果のあるものを、ラインナップとして入れましょう。

 

メイク道具は、SPFやPAの度数を少し上げたアイテムを取り入れるといいです。

あとは、日傘・サングラス・ストールなどを活用して、メイク道具以外でも、紫外線を物理的にカットする方法も、積極的に取り入れたいものです。

 

 

・TPOによって、対策を使い分けて

外出するといっても、「ちょっとそこまで買い物」と「一日、外でピクニックや食べ歩き」では訳が違います。また、外を歩き回る事が多い職業か、内勤が多いか、(内勤が多い方でも、窓が近く紫外線によく当たる場所での勤務が多い人が要注意です)でも、変わってきます。

 

自分の環境に合わせた対策を行いましょう。買い物に少し出るのに効果の強いアイテムばかりを使っていたら、肌に負担がかかり、ダメージが蓄積されてしまいます。いくら対策をしっかりしても、疲れた肌は紫外線には勝てません。策士策に溺れるというヤツです。

 

おすすめは、日焼け止めを何種類か揃えて、その都度使い分ける事です。あとは、出先でもサッと塗りなおせるように、いつも使うカバンに、低刺激のものを1つ忍ばせておくのもおすすめです。(筆者もやっています)

 

春の紫外線対策 おすすめアイテム


 

出典:jp.pinterest.com

 

ここでは春の紫外線対策に一役買ってくれるアイテムを、いくつかご紹介します。

 

 

・UNIQLO WOMEN UVカットジャージージャケット

 

出典:www.uniqlo.com

 

カーディガンの感覚で羽織っても、綺麗めにきまるジャケットです。温度調整が難しい春の季節に持ってこいのアイテムです。色も4種類あり、勿論UVカットです。ユニクロのUVカット商品は、注目度が高いです。1つ持っていたら、とても助かるはず。

 

 

・POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

 

出典:net.pola.co.jp

 

2歳のお子様からでも使えるという、肌に優しい日焼け止めです。専用クレンジングも不要です。低刺激で美白ケアをしつつ、日やめ止めの効果も発揮してくれます。強い紫外線対策より、春はこういった肌へのやさしさとのバランスを考えたアイテムを使うと、夏に向けて不用意なダメージを蓄積しないで済みます。

 

 

・FANCLリップクリーム UV<ニュアンスレッド>

 

出典:www.fancl.co.jp

 

2017年3月時点では、限定数を設けているこのアイテム。つい忘れがちな唇のUVカットに貢献してくれます。ほんのり色づくので、これ1本でナチュラルかつUVカットされた綺麗な唇が実現できます。唇の紫外線ケアも大事なのでご紹介しました。

 

 

折角暖かくなってきたと思い、少しのんびりしていたら、あっという間に紫外線の魔の手が・・・。美容には行きつく暇がありませんね。その為に、色々なアイテムや方法も登場しているのだと思います。自分のあったモノ・コトをどんどん見つけて、紫外線を夏へ持ち込まない美肌を目指しましょう。



関連記事

・冬には大事って分かってるけど…肌の保湿、基本からおさらい!

・顔だけじゃない!頭皮ケアも大事なスキンケアなんです!

・なんとしたい…!いちご鼻のメカニズムと対策方法を徹底解説