毎日行なっている洗顔後のスキンケアですが、正しいつけ方を知っていますか? 朝晩同じ化粧水の使い方をしていませんか? 意外とみんな知らない、化粧水の効果的な使い方をご紹介します♪

化粧水の効果と使用量


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔後のまっさらな肌に水分を与え、次に使用する乳液やクリームの浸透を高めるというのが基本の化粧水の効果です。

最近は汚れをふき取ったり、ニキビの予防・改善、美白効果があるものなど様々な種類の化粧水がありますが、正しい使い方をすることでその効果は倍増します♪

 

つけるベストなタイミングは洗顔後タオルで軽く水分をおさえたらすぐです!

 時間が経てば経つほど化粧水の肌への浸透率は少なくなっていくので、できるだけすぐつけるようにしましょう。

化粧水の使用量は商品によって異なりますが、基本の1回の使用目安は500円硬貨大です。

 

化粧水は手でつけるのがいいのかコットンでつけるのがいいのか


 

出典:jp.pinterest.com

 

化粧水は手でつけるのがいいのかコットンでつけるのがいいのか様々な意見がありますが、結論から言えばどちらでも好きな方でいいのです♪

ただしそれぞれ正しいつけ方があるので知っておく必要があります。

 


・手でつける場合の正しいつけ方

 

出典:jp.pinterest.com


商品に書かれている目安の使用量を手のひらに出したら、両手を合わせて広げ顔全体を覆うようにしてまんべんなく顔全体につけます。

この時こするように伸ばすのではなく、化粧水を肌に押し込むようにつけましょう。

化粧水が肌に馴染んだらもう一度同じ量を手に取り、目元や小鼻など細かい部分を中心に2回目をつけると浸透が増すので効果的です。

水分が残っている感じがなくなるまで肌に入れ込みましょう。

 

手のひらや甲で触ってみてピタッと吸い付くような肌になればOKです。

 

 

・コットンでつける場合の正しいつけ方

 

出典:jp.pinterest.com

 

コットンが全部濡れるくらいまで化粧水をつけます。

コットンを利き手の人差し指と薬指、もしくは人差し指と小指で挟み、顔の内側から外側に向かって優しく滑らせるようにつけます。

この時頰や額などの広い部分を先につけ、次に鼻やあごの面積が小さい部分をつけるようにしましょう♪

つけた化粧水が収れん化粧水であれば先ほどの順番で優しくパッティングをしますが、収れん化粧水以外であればそのまま首へ移動し、首の下から上に拭き上げるようにしてつけます。

うるおいが足りなく感じるのであれば、もう一度同じように繰り返します。

 

コットンでつける場合はコットンの品質が重要になってくるので、肌に優しい高品質なものを選ぶようにしてくださいね♡

 


・自分の肌状態をみて化粧水のつけ方を決めましょう

 

出典:jp.pinterest.com

 

肌がなんの不調もない健常肌の人は、化粧水を手でつけてもコットンでつけても構わないのですが、 肌が敏感になってる時や元々肌が弱い人はコットンでさえも刺激になってしまう可能性があるので、 なるべく刺激の少ない手でつける方法をオススメします。

手でつける際も上記で紹介した正しいつけ方でつけるようにしましょう。


朝と夜は違うスキンケアで美肌に♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

そもそも朝と夜では顔の汚れの種類や、しなくてはいけないケアが大きく違います。

それぞれの時間帯に合わせたスキンケアをして、美肌になりましょう♪

 

 

・朝のスキンケア

 

出典:jp.pinterest.com

 

朝は寝ている間にかいた汗やほこりなどで肌は汚れており、乾燥もしています。

朝の洗顔では肌のバリア機能が損なわれないように適度に皮脂を残すことが大切なので、敏感肌や今肌の状態がよくない人はぬるま湯だけで汚れを洗い流すのがオススメです。
混合肌の人はTゾーンの部分だけ洗顔料で、脂性肌の人は洗顔料を使って余分な油分を落としましょう♪

 

化粧水をつけた後は水分が蒸発しないように乳液やクリームでうるおいを閉じ込めます。

10分ほど肌に浸透させた後にメイクをしていくと崩れにくくなりますよ!

朝はオールインワン化粧水を使ってもOK♪

 

 

・夜のスキンケア

 

出典:jp.pinterest.com

 

夜のスキンケアでは日中に受けたダメージの回復を促すケアが必要になります!

肌の負担となる汚れをしっかり落として、栄養をたっぷり与えないといけないのでクレンジングと洗顔がとても大切です。


クレンジングは優しくマッサージするようになじませ、1分以内に終えるようにします。

洗顔はしっかりと泡を立て泡で洗い、洗顔後はすぐに化粧水をつけ保湿をしましょう!

夜はダメージの回復がメインなので保湿効果や美白効果、シミやシワを防ぐなど自分に欲しい有効成分が含まれた美容液を選び、肌全体に優しくなじませます。

その後に乳液やクリームを塗ってうるおいを閉じ込めましょう♪

 

 

いかがでしたか?

朝と夜のスキンケアを変えたり、自分の肌状況を見てスキンケアの仕方を変えるだけで、肌はどんどん美しくなっていきます♪

時間がないや面倒臭いなんて言わずに、しっかり自分の肌と向き合っていきましょうね♡



関連記事

・プチプラなのに気持ちいい☆マッサージに使えるボディクリーム・オイル10選

・毛穴の黒ずみを撃退!「蒸しタオル乳液洗顔」で簡単ケア♪

・レンジで30秒!毛穴すっきり蒸しタオルでおうちエステ気分♡