5月5日はこどもの日です。男の子のお子様を持つ方にとっては大事なイベントの1つですよね。そんなこどもの日ですが重要になってくるのがこいのぼりです。飾るべきなのか?使った後はどうするのかという疑問にお答えしていきます!

 

 こいのぼりの基礎知識


 

出典:pixabay.com

 

まずこいのぼりは家族に見立てた考え方をします、これがどういうことかというと、お父さんが黒鯉、お母さんが赤鯉、そして男の子(子ども)が青鯉と言われています。

一般的に飾られているこいのぼりの色を思い出してみてください。

上から黒→赤→青の順番になっていませんか?

このようにこいのぼりには家族という意味があるのです。

 

 

・次男が生まれたらこいのぼりはどうするの?

 

出典:pixabay.com

 

もともとは三匹のこいのぼりですが、家族が増えて次男ができたときはどうするのでしょう?

こいのぼりが家族ということでもちろん次男の分のこいのぼりも足す必要があります。

 

次男に関しては色が決まっているというわけではありませんので、緑や紫などの男の子らしい色でも良いですし、万が一女の子の場合でもピンクやオレンジなどの華やかな色も可能なのです。

 

このように最近の流行りとして家族が増えるとその数だけこいのぼりを足して行くというスタイルがあります。

家族が増えて段々とカラフルになっていくこいのぼりの過程を見るのも面白いですよね。

 

 庭がなくても大丈夫!こいのぼりの飾り方


 

出典:www.photo-ac.com

 

こいのぼり事情についてよく知っていただけたところで次に気になるのがこいのぼりをどこに飾ればいいのかという問題です。

庭がある家は少ないですし、マンションの場合もどうすれよいのかと思いますよね。

そんな最近の住宅事情に対応してベランダの手すりに簡単に付けられるタイプのこいのぼりも販売されています!

 

ベランダの手すりにつけるタイプのこいのぼりの種類としては、ベランダに取り付けられる金具がセットになっているタイプとポールが自立するためのスタンドが付属しているタイプとがあります。

こちらを購入する際の注意点としてはベランダの手すりの形状によって取り付ける器具が異なるために事前に調べておくことが必要です。

 

ベランダに取り付けるのも面倒という方には室内に飾ることができるこいのぼりもあります。

壁などに吊るして飾るタイプとスタンドタイプとがあります。

迫力には欠けてしまいますが、コンパクトで天気などに左右されることなく飾れるので嬉しいですね。

 

 こいのぼりの処分方法


 

出典:pixabay.com

 

最後はこいのぼりをせっかく買ってもいずれは処分をせざるを得ない事もあります。

ですが簡単にこいのぼりを処分してしまうのには少し抵抗がありますよね。

最も手っ取り早い方法としてはオークションや最近流行りのフリマアプリを使って売るという方法です。

 

こうすると本当に欲しいという人に行き渡ることができるのでお互い嬉しいですよね。

また、こいのぼりを買う際にもこういったサイトで購入するとよいかもしれません。

 

そしてもう1つの方法としては寺社などで供養をしてもらうことです。

ぬいぐるみなどと同じでそのまま捨てるのにはこいのぼりも抵抗があるものですので近所の寺社などでこいのぼり供養を行なっているところを探しましょう。

全ての寺社で行なっているわけではないのできちんとリサーチしておきましょう。

 

万が一自宅で供養したいという場合でもきちんとこいのぼりをきれいな布で拭いてからお塩をかけて清めることでちゃんとした供養ができます。

そちらも試してみると良いでしょう。

 

 

今回は男の子のお子様を持つお母さんが気になる事でもあるこいのぼり問題についてご紹介しました。

こいのぼりを飾れる時期もお子様が小さいうちだけですのでそんな貴重な時間を大切にしましょう。

是非今年のこどもの日は今回の情報も参考にしてこいのぼりを飾ってみませんか?



関連記事

・新生活に向けて模様替え♪春らしいおすすめインテリア9選♡

・インスタ女子は皆行ってる!!ELLEcafeのコールドプレスジュースって?

・忙しい主婦だからこそ♡簡単便利なつくりおきおかず