メイクをしている時やお手洗いでふと自分の顔を見たとき、一度気になってしまうと止まらないのが「産毛」。皆さんどう処理しているでしょうか? 剃った方がいいのか、それとも剃らない方がいいのか・・・様々な話を見聞きしていると、何が正しいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで、今回は「産毛」について徹底解剖!産毛がある意味やセルフで処理する時のポイントを詳しくご紹介していきます☆ 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

何で生えてるの?産毛が生える意味と役割


 

1.肌を刺激から守っている

 

出典:jp.pinterest.com

 

生活している間、肌は常に様々な刺激の影響を受けています。

紫外線やホコリ、乾燥・・・。その刺激を少しでも防ぎ、肌ダメージを減らそうとしてくれているのが産毛の役割だと言われています。

 

元々は人間にとって大切な部分(デリケートゾーン、まつげ、眉毛)を守るための「体毛」が退化した状態が「産毛」。人間の防御機能の名残とも言える部分のようですね。

 

 

2.ムダ毛をサロンやクリニックで脱毛した名残

 

出典:jp.pinterest.com

 

ムダ毛処理にうんざりしてしまった方が脱毛サロンやクリニックで脱毛処理をした場合にも産毛が生えてきます。

これは、太くて濃い体毛を脱毛した事により、どうしても産毛が「目立ってしまう」というのが解釈としては正しいでしょう。脱毛処理は、産毛のような細すぎる毛を処理する事はできません。

 

いざムダ毛を処理しても、今度は産毛が見えてきてしまい、気になってくる・・・という女子も結構多いようですよ。

 

産毛を処理するとメリットが多い!特に美容には効果的


 

1.ニキビ等の肌トラブルの軽減になる

 

出典:jp.pinterest.com

 

これからの季節、どうしても汗や皮脂が多くなってきてしまいますよね。産毛を処理しておくと、ニキビや吹き出物等、ある程度の肌トラブルを予防・軽減する事ができます。

 

これは汗や皮脂、外部の汚れが産毛に絡みつき、毛穴を詰まらせてしまうのがニキビや吹き出物の原因になっていると言われているからです。処理しておけば、少なくとも産毛による毛穴の詰まりは防ぐ事ができます。

 

 

2.メイクのノリが良くなり、メイク崩れしにくくなる

 

出典:jp.pinterest.com

 

産毛があると、ファンデーションやポイントメイクがしっかり肌に密着しなくなるため、メイクの崩れが早くなってしまいます。メイクのノリも理由は同じ。

 

どちらも産毛を処理するとしっかりメイクが肌と密着するため、時間がたってもキレイなメイクが維持できます。早くメイクが落ちてしまい悩んでいる方は一度試してみるといいでしょう。

 

 

3.肌の明るさ・透明感がUPする

 

出典:jp.pinterest.com

 

全体的に産毛がうっすらと生えていれば、肌のトーンは下がってしまいます。特に頬やフェイスラインの産毛を処理すると、はっきりとした色とラインが強調されますし、肌の明るさもUP。

産毛を処理する前と処理した後のファンデーションのトーンが変わったりもしますので、なかなか侮れないポイントとなりそうですね。

 

また、顔全体の産毛は肌がくすんで見えてしまいます。これは処理しなければどれだけ化粧水や美容液でケアしても変わりません。気になる方はやはり処理する事をオススメします。

 

産毛を適切に処理して素肌美人に♡セルフ処理のポイント3


 

1.できるだけ入浴後等、毛穴が開いている状態で剃る

 

出典:jp.pinterest.com

 

朝メイクする時に思わず気になって洗面台で剃ってしまう・・・忙しい女子なら誰もがやってしまう事ですが、これはNG。産毛を剃るという事は「肌に刃物を当てる」事ですから、必ずダメージを受け、敏感な状態になっています。その後メイクしたり、外出して紫外線を浴びる事を考えれば控えたいところですね。

 

安心なのは夜の入浴中や入浴後。体温が上がって毛穴が開き、肌も柔らかくなっている状態でキレイに剃れます。その後しっかりスキンケアをして一晩過ごせば翌朝の肌は万全。

どうしても今気になった!という時は、洗顔後に2~3分蒸しタオルを当ててから処理していきましょう。水に濡らしたタオルを500Wの電子レンジで1分加熱すれば完成。熱すぎたら少し冷ましたりして、適度な温度で使うと便利ですよ。

 

 

2.洗顔料・石けんをクリーム代わりには使わない

 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔料や石けんはあくまで「肌の洗浄」が目的です。その上から剃ってしまうと、本来必要な角質まで剃り落としてしまい、大きなダメージとなってしまいます。

産毛を剃った後に乾燥してしまったり、肌トラブルが起きてしまう方はこの洗顔料や石けんで産毛を処理していないかをチェックしてみて下さい。

 

剃る際は必ずシェービンク用のクリームやジェルを使いましょう。男性用だけではなく、女性用のシェービングジェルも市販されています。肌ダメージを最低限にする事が、素肌美人への第一歩です。

 

 

3.産毛処理は3週間に一度程度!頻繁に剃るのはNG

 

出典:jp.pinterest.com

 

気になるからと毎週や2~3日に1回のペースで処理をしている方も見かけます。あまり頻度が多いと肌の再生が間に合わず、かゆみや赤みの原因になってしまう事も。

産毛の生えるサイクルは大体21日程度と言われています。個人差はあるものの、このサイクルを考えると、大体3週間に1度程度で十分だと考えられますね。

 

鼻の下や眉周辺等、気になる部分でも週1回程度に抑えておくと、肌トラブルの防止にも繋がります。

いずれにせよ、カミソリでセルフ処理するのは肌のダメージになります。回数を最低限に抑える事、定期的に処理する事で、産毛のデメリットを無くし、美肌にもなれますよ♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

剃っていいのか悩む産毛ですが、適切な知識と処理で大きなメリットになっていきます。

是非参考にしていただき、素肌美人・メイク美人になってみて下さいね。



関連記事

・今度こそ、もう繰り返さない!大人ニキビの治し方

・今のケアが未来の肌を変える!基本のスキンケアをマスターしよう!

・100円なのに効果抜群!?オススメのダイソーのスキンケア商品