夏の女の子の悩みと言えば、やっぱりメイク崩れ。 外出中についつい気になって鏡を何度も見てしまう、頻繁にお直しする、といった経験はありませんか? これではせっかくのお出かけも満足に楽しめませんよね。 そんな悩みを解決するべく、とっておきの方法をまとめてみました!

長持ちメイクにはスキンケアも大事!


 

出典:www.pinterest.jp

 

夏は暑くて汗をかくし湿気が多いからと、保湿を疎かにしていませんか?

確かに冬場より乾燥を感じづらいかもしれませんが、夏の肌へのダメージを軽視してはいけません。

強い日差しや紫外線、エアコンによる乾燥、海に行くと潮水でも肌は傷んでしまいます。

 

夏のスキンケアのポイントは「水分たっぷり、油分控えめに。」

 

皮脂が出る原因は、水分不足による乾燥とも言われています。

暑さや乾燥で肌の水分が失われやすいので、水分はしっかり補給しましょう。

油分は必要ない気がしますが、化粧水だけだと水分を保持する力が弱いです。

乳液は水分と油分の両方を含んでいますので、油分が多すぎず、嫌なベタベタも気になりません。

 

・シャバシャバ系の化粧水を重ね付け

・乳液で顔全体に蓋をして水分を逃がさない

上記の2点を意識してスキンケアしてくださいね♪

 

誰でも簡単に!崩れないメイクのプチテク☆


 

出典:www.pinterest.jp

 

汗でメイクが崩れやすい夏ですが、海やプールだと水で落ちてしまったりしますよね。

でも、はじける夏だからこそ、メイクも楽しみたい…!

そんな思いを叶える、簡単なメイクテクをパーツごとにご紹介します♡

 

 

・ベースメイク

 

出典:www.pinterest.jp

 

1.皮脂崩れ防止の化粧下地を仕込む

下地には、カラーコントロール用や、保湿重視のタイプなど様々あります。

夏にオススメしたいのは、皮脂を吸着するタイプの下地。

ファンデーションを変えなくても、下地で対策するだけでかなり崩れづらくなります。

 

 

2.密着度の高いリキッドファンデーションを使う

パウダーよりリキッドのほうが肌に馴染みやすく、密着してくれるので肌から浮いてしまうことが少ないです。

ファンデーションを塗った後は、スポンジやパフで余分な油分を取るように抑えると、より持ちがよくなりますよ!

 

 

3.フェイスパウダーの前にクリーム状のチークやシェーディング、ハイライトを

ファンデーションの後には、クリーム状やスティック状のフェイスカラーを使いましょう。

パウダーの後に使うとよれやすいので、パウダーの前にのせてくださいね。

 

 

4. パウダーはベイキングで仕上げて!

ベイキングというメイクテクをご存知ですか?

海外で流行したことがきっかけで日本でも話題になった方法です。

使用するのはルースパウダーです。

パウダーは無色のものや、肌より少し明るいものなどがオススメです。

 

まず、スポンジにルースパウダーをたっぷりとり、皮脂で崩れやすいところにたっぷりのせます。

そのあと5~10分放置し、ブラシでしっかり払ってください。

たったこれだけです!

意外と簡単に出来ますよね。

放置している間にアイやリップなどメイクをすると時間も無駄になりません。

 

 

5. フェイスカラーは重ね付けで長持ち

ここまででベースメイクは完成しているのですが、さらにメイクを長持ちさせるには、カラーの重ね付けがオススメです!

 

クリーム状のカラー→フェイスパウダー→パウダー状のカラーと、カラーでフェイスパウダーをサンドイッチしちゃいます☆こうすることで、色が落ちづらくなります。

 

6.最後にハンドプレスでより密着

ベースメイクが完成したら、最後にハンドプレスしましょう。

パウダーも手の体温で肌に馴染んで、粉浮き知らずのフェイスに!

 

 

・アイメイク

 

出典:up.myreco.me

ずぅ@xxizumiiixx

 

1.アイシャドウベースをまぶたと眉に広げる

アイシャドウをまぶたにそのままのせる方も多いかと思いますが、実はアイシャドウベースという優れものがあるんです。

アイシャドウの発色をよくしてくれるだけでなく、よれづらくなったり、色がとれづらくなる効果があります。

アイシャドウベースという名目で売っている商品が多いですが、眉にも使えますので、ついでに眉にもすりこんでおきましょう☆

 

 

2.スマッジプルーフのアイテムを使う

ウォータープルーフ、というのをよく耳にするのではないでしょうか?

水に濡れても落ちにくい、という意味ですよね。

それに対してスマッジプルーフとは、水以外にも、汗や皮脂に強いことを表します。

ウォータープルーフのものもGOODですが、それでも不安な場合はスマッジプルーフのものをチョイスしてみてください!

 

 

3.アイブロウメイクにもリキッドのものを

ペンシルやパウダーで仕上げるのが主流のアイブロウですが、リキッドタイプのアイテムも色んなブランドから出ているんです。

 

「リキッドだと濃くついてしまいそう…」という心配はありません!

薄めの発色になっているので、ナチュラルに描くことが出来ます。

ペンシルやパウダーより落ちづらいので、絶対にアイブロウが消えたら困る!という時にぜひ使ってみてください☆

 

 

4.最後にコートでダメ押し!

アイブロウやアイライナー、マスカラにはそれぞれトップコートのようなものがあります。

マニキュアのトップコートと同じように、色もちを良くしてくれます。

ここまですれば、海やプールで顔にたくさん水を被ってしまっても崩れ知らずです♪

 

 

・リップメイク

 

出典:www.pinterest.jp

 

1.リップベースで土台作り

リップクリームとは違って、口紅を塗る前専用のリップベースがあります。

アイシャドウベースと同じような働きがあるので、色が落ちづらくなります。

また、縦皺が目立たず、ぷるっとした唇に見せてくれますよ♡

 

 

2.ペンシルでしっかり囲んで

今時ペンシルを使う人は少ないかもしれませんが、意外と使えるアイテムなんです!

口紅が落ちたり、はみ出したりするのを防いでくれます!

 

 

3.ティントリップで落ちないリップメイクを

最近、大流行しているティントリップ。

落ちないことが特徴のティントは、夏にぴったりなこと間違いなし☆

 

 

4.ティッシュオフ&重ね付けでしっかり発色

リップを塗ってティッシュで軽くオフ、その後にまたリップを塗る。

こうすることで、唇に色が定着するため、少し色が取れてしまっても唇の色がなくなることがありません!

 

 

5.リップコートで包み込むようにリップを守る!

これまた、アイメイクでご紹介したプロセスと同じです。

口紅の上に重ねるリップコートは、リップメイクを長持ちさせ、コップや服などへの色移りを防いでくれる効果があるんです☆

 

メイク後のひと手間で無敵の肌に☆


 

出典:www.pinterest.jp

 

最後にフェイスミストを使うことで、乾燥崩れを防ぐことが出来ます。

あまりびちゃびちゃにしすぎると崩れてしまうので、細かい霧状で出るミストを探してください。

特に、メイク後のセット用のミストがオススメですよ☆

 

 

いかがでしたでしょうか?メイク崩れを気にせず、この夏を思いっきりエンジョイしてくださいね♡



関連記事

・男子目線でメリハリメイク♡絶対似合う「モテメイク」のポイントはココだ!

・トレンドも大切…だけど知っておきたい!男ウケ重視のメイクはこれ♡

・妖艶なリップの作り方。ポイントは「先塗りグロス」だった!