梅雨入りが発表されてから、何となく落ち着かない天気が続くようになってきましたね。気温が一気に上がったかと思えば突然急降下したり、湿気が一気に増えてきたりと、不快に感じてしまう女子も多いのではないでしょうか。 せめて、自宅ぐらいは快適に過ごしたい!と考えるなら「い草」を使ったアイテムを取り入れるのがオススメ。い草というと畳のイメージがありますが、畳以外でもたくさんのアイテムがあるんですよ☆ そこで、今回はい草の効果やオススメアイテムを簡単にご紹介していきます。 最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

通称「天然のエアコン」?!い草の驚くべき効果とは


 

1.抗菌作用が抜群!

 

 

畳で使われるイメージの多い「い草」ですが、実は抗菌作用が強く、地域によっては湯船の中に浮かべて「い草風呂」として愛用されています。

古い文献ではい草自体が炎症や切り傷、打撲の改善となるとの記述もあり、薬草としての役目を果たしていたようです。

具体的には食中毒の原因となるサルモネラ菌や黄色ブドウ球菌、近年O-157として話題になっている腸管出血性大腸菌等、多くの細菌に対しての抗菌作用があり、畳を使っているだけでも、衛生面として有効だった事が徐々に解明されてきています。

現代の私達には、畳はちょっと敷居が高いアイテムですので、ラグやカーペットにして使っている方が多いようです。

 

 

2.湿度調整機能があり、部屋スッキリとさせてくれる

 

 

もう一つの効果として、い草の高い「湿度調整機能」が挙げられます。

非常に高い吸湿性を持ちながら、乾燥時には蓄えておいた水分を放出して、快適な湿度を自然に保ってくれます。

 

関東も梅雨入りし、これからどんどん湿度が気になる季節になってきます。

エアコンや空気清浄機で湿度を調節してもいいのですが、天然の素材で、しかも自然に湿度を調整してくれる力があるなら、これからの季節は大活躍してくれますね。

 

 

3.ふんわり安心♪リラックス効果のある成分がたっぷり!

 

 

「畳の部屋にいると落ち着く」と感じる方も多いですよね。

これにもしっかりとした科学的根拠があり、い草が空気中に放出している「フィトン」と「バニリン」が心身をリラックスさせてくれます。

 

フィトンは森林浴で効果的とされている成分で、ストレス発散・心身をリフレッシュ。

「バニリン」はお菓子作りでよく使われる「バニラエッセンス」の原料となっています。

甘い香りは気持ちを穏やかにしてくれますね。

 

この2つの成分がい草にはあらかじめ含まれており、それが、畳や生活用品で使われると気持ちの良い生活をサポートしてくれると言われています。

 

「い草」は畳だけじゃない!オシャレなインテリア♡


 

出典:www.pinterest.jp

 

畳じゃなくても、現在はオシャレなラグが多数販売されています。

どれもい草としての効果はそのままに、インテリアに馴染むようなデザインになっていて素敵ですね。

カラーリングを統一したり、テイストを合わせてみたりするだけで、畳とはまた違った形でい草の快適さや心地よさを感じられるようになっています。

 

特にこれからの梅雨の時期にはピッタリ。

フローリングの上に軽く敷けるような手頃な大きさを探してみるといいでしょう。

 

出典:www.pinterest.jp

 

もちろん、和モダンなスタイルも日本らしくて安心感がありますね。こちらは国産のい草と倉敷帆布を組み合わせたラグ。

扇のようにも見えるデザインは「青海波(せいかいは)」と呼ばれ、名前の通り波をイメージして作られている昔ながらのデザインです。

フローリングだけじゃなく、畳の上に敷いてもオシャレ。

シンプルで涼しさも演出できる、夏ならではの組み合わせです。

 

出典:www.pinterest.jp

 

こちらはい草のクッション。

通気性も良く、しっかりとした使い心地でクッションにありがちな「へたり」も少ないとされています。

何よりクッションでリラックスしながらくつろげるのは嬉しいポイント。

ラグまではちょっと・・・と思ったら、クッションからい草を活用してみてもいいですね。

 

「い草」を使って過ごしやすく♪身の回りで使いたいアイテム


 

出典:www.pinterest.jp

 

以前は夏の「草履」や「下駄」として使われていたようですが、近年では室内用にスリッパもあります☆

元々い草には足のイヤなニオイを抑える作用があるとされ、その効果が注目されていました。

 

柔らかい布の素材と組み合わせて、毎日でも使えるようなスリッパとして愛用されてきています。

色やデザインも多種多様。

お気に入りを見つけておくと、足からスッキリできますよ。

 

出典:www.pinterest.jp

 

夏になると毎年流行する「かごバック」。

こちらでもい草を使ったかごバックが作られています。

デザインも現代風にアレンジしたものからクラシック風、サブバッグ用等様々。

い草独特の良い香りに惹かれて購入する女子も多いようです。

 

抗菌作用はバッグになってもそのまま残っていますので、ハンカチ等の小物を入れておいても安心。

これからの季節には大活躍するアイテムになってくれそうです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

古くから日本で愛されている「い草」。

その特徴やメリットは現代でも最大限に生かされながら、生活に溶け込む工夫がされていますね。

是非参考にしていただき、今年の夏はい草を取り入れた快適な生活を楽しんでみて下さいね。



関連記事

・一目置かれちゃう♡彼に喜ばれる和食レシピ20選

・【オトナ女子向け】大人可愛いシンプルスマホカバー特集♪

・二人の素敵な記録に♡今日から彼とのデート日記、つけてみませんか?