40代になると、お肌の悩みも増えてきますよね。隠して隠してメイクしてると、厚化粧になってしまう。メイクが薄いと悩みが出てしまう。そんな困ったことになってしまいませんか?そんな40代の方にオススメの、厚化粧にならない自然で素肌美人になれるメイクをご紹介します。

厚化粧は嫌!でもカバー力が欲しい!


 


シミなどを隠そうとファンデーションの重ね付けで、厚化粧になりがちな人もいますよね。

カバー力は欲しいけど、自然に見せてくれるのがリキッドファンデーションです。

 

パウダーファンデーションだとどうしても厚塗りになってしまうので、リキッドがオススメです。

リキッドは、カバー力があるので厚塗りしなくても悩みをカバーしてくれますよ!

リキッドは、ヨレるから苦手という方もいるかもしれません。

リキッドファンデーションの綺麗な塗り方をご紹介します。

夏、汗などでのメイク崩れ防止にもなりますよ!


①化粧水、乳液でお肌を整える。


②ティッシュで余分な水分油分をオフする。

これがポイントです。

化粧水・乳液のあとすぐメイクを開始すると化粧くずれの原因となってしまうので、きちんとティッシュオフしてください。


③ベースクリームを塗る。


④ここでまたティッシュオフする。


⑤リキッドファンデーションを塗る。


⑥またティッシュオフする。


⑦おしろいを塗ります。

この時パフをクルクルしながら優しく乗せます。

おしろいは汗や皮脂を吸収してくれるものなので、たくさん塗るとメイク崩れ防止になります。

クルクル塗ることにより、毛穴を埋めてくれるので毛穴の目立たないお肌にしてくれますよ!

自然に見えるメイクのテクニック


 

出典:www.photo-ac.com


リキッドファンデーションとおしろいだけでは、カバーしきれないわ!という方もいるかもしれませんね。

そんな方にオススメの厚塗りにならない自然メイクをご紹介しますね。

先ほどの説明で、おしろいまで塗ったお肌にします。ここからがポイントですよ!


①半分に折り曲げたパフにパウダーファンデーションを取ります。


②頬を逆三角形の形に叩き込むように優しく塗ります。この時目の下や鼻横、ほうれい線の所は避けた三角ゾーンを塗ってください。(ヨレやすいところは塗らない)


③ファンデーションの付いてないパフの場所で、目の下・鼻横、ほうれい線の余分なファンデーションを払います。
頬の部分だけファンデーションを厚塗りすることにより、カバー力を発揮します。

さらに、頬の部分が高く見える立体感も出るので、ツヤ感メイクになります。

人は「この人肌綺麗だな〜」と思うとき、大体の方は頬を見ますよね?

なので、頬の部分だけ重ね塗りをし綺麗に見せて錯覚させるのです!

 

重ね塗りは頬だけなので、厚化粧には見えないし自然なベースメイクの完成です。

上品に、でも可愛くメイク♡


 

出典:www.photo-ac.com

 

ベースメイクが完成したら、後はアイカラーやチーク、リップといった色ですね。

40代の方は控えめにブラウン系のお色を選ぶ方が多いのではないでしょうか?

 

もちろんナチュラルで自然メイクにはなりますが、目元のクマなど暗い茶色を塗ってしまうと目立ってしまうのでここは明るい色を選びましょう!

目元のシワやクマを気にされている方は、黄緑を選ぶのがオススメです。

爽やかな印象にもなりますし、シワやクマを目立たせない効果もあります。


チークは、入れる位置に注意しましょう。

よくニコッと笑って高い頬へ入れると良いと聞きますよね?

大人女子のみなさんは、もう少し下に入れると良いですよ!

頬骨の下から頬全体を丸く塗ります。

頬のこけている部分にも塗ってあげるとふっくらして、若々しい肌に見せてくれます。

頬全体へ塗る時、黒目より内側は塗らないように注意してくださいね!


リップはお好みの色があると思いますが、グロスなどを使ってぷっくり唇にするのがオススメです。

薄いピンクやオレンジでもグロスが入ることにより、立体感が出るので自然なメイクに仕上がります。

 


いかがでしたでしょうか?

40代のお悩みのあるお肌で、自然な美肌作りメイクをご紹介しました。

少しのワンポイントで、普段のメイクよりワンランク上の仕上がりになりますよ。

ティッシュオフや、頬だけ重ね塗りといったテクニックで、「化粧品変えた?」と言われるようなお肌になってみませんか?



関連記事

・この夏いちばんの可愛いを目指そう♡モテカワメイク術

・男子の前では盛りすぎ厳禁!?引き算メイクこそ「カワイイ」の正義♡

・コレさえあれば!ポーチに忍ばせたいお助けコスメたち♡