最近なんかお肌がくすんでる、「疲れてる?」なんて言われてしまう、そんなことありませんか?血色がよく見えるメイク下地をプラスするだけで、くすみや疲れ顔が無くなるんです!それだけでなくツヤ感や透明感もアップします。今回はそんなメイクが出来る、ピンク下地についてご紹介します。

そもそもメイク下地が必要な訳は?


 

出典:www.photo-ac.com

 

最近ではメイク下地をきちんと使っている方が増えてきていますが、なぜ必要か知っていますか?

中には、ファンデーションと下地と美容液が一緒になっているの使ってます!という人も多いですよね。

それぞれに違う役割を持っていますので、メイク崩れをなくしたい人や日焼けしたくない人など悩みのある方は別々になっているものを使用するのがオススメです。

まず、メイク下地にはどんな役割があり、ファンデーションとは違うのかをご紹介しますね。


メイク下地は、ファンデーションをお肌に綺麗に乗せてくれるノリの役割があります。

下地なしでファンデーションを塗るのと、下地ありで塗るのでは、ファンデーションの付きがすごく変わってきます。

このノリの役割がメイク下地の1番必要となってくる理由です。

 

また、直接お肌にファンデーションなどの化粧品を乗せずに済むので、色素沈着などの防止にもなります。

UV配合のものも多いので、紫外線対策もバッチリです。

お肌の凹凸を整えてくれる効果もあるので、毛穴の目立たないお肌にもしてくれます。

 

このようにメイク下地は、たくさんの効果があります。

ファンデーションにはなく、ファンデーションを引き立てる役割なので非常に大事なものになります。

どうしてピンクが良い?


 

出典:up.myreco.me

@ma_____k0


今メイク下地は、たくさんの種類が売っています。

最近では、色が付いた下地も多くあります。

ピンクを始め、緑・黄色・オレンジ・白など色々なものがあります。

それぞれに違った効果がありますが、ピンク下地にはどのような効果があるのでしょうか?

 

ピンクは、血色をよく見せてくれる1番効果のある色です。

どうしても血色か悪いと、くすみが目立ち、疲れた顔に見えてしまいます。

体調が悪い時って青白い顔だったりしますよね?

血色が大事なんです!

血色が良くなると、お肌を明るく見せてくれたり、くすみも目立たなくなるので、嬉しいですね!

 

透明感・ツヤ感も出るので、立体感のあるお肌にもなります。

色白の方も、このピンク下地を使うことにより柔らかい印象のメイクに仕上げることが出来るので、オススメです。

ピンク下地の使い方


 

出典:up.myreco.me

rnmms2 @rnmms2

 

ピンク下地は、普通のメイク下地と違ってお顔全体には塗りません。

下地といっても部分使いなので、普段のメイク下地を塗ってからハイライトカラーとして使用するのがオススメです。


①普段のメイク下地を顔全体に塗る
②ピンク下地を、まず頬全体を逆三角に塗る。この時、指を使ってポンポンと叩き込むように塗ります。顔の輪郭に塗ってしまうと、膨張して大きく見えてしまうので輪郭は避けて塗ってください。なので、ピンク下地は顔全体に塗るのは避けます。
③Tゾーン・目の周り・小鼻の横・あごにも塗る。ヨレやすいので、指を使って薄くポンポンと叩き込むように塗っていきます。
④何もついていないパフやスポンジで、余分なピンク下地を抑える
⑤その上からファンデーションを塗り、メイクを仕上げる

このような感じで、ピンク下地部分使いしていきます。ツヤ感のある立体感メイクに仕上がります。


いかがでしたでしょうか?

いつものメイクに、ピンク下地をプラスするだけで血色が良く、くすみのないお肌にしてくれます。

透明感、ツヤ感アップで、優しいふんわりメイクに仕上げてくれますよ!

もう「疲れてる?」なんて言わせない、そんなメイクに挑戦してみませんか?



関連記事

・エマ・ワトソンみたいな端正顔に♡ハーフ顔になれちゃうメイクテクニックを公開!

・インスタ映えメイクの基本!思わず触れたくなる極上ツヤ肌の作り方♡

・この夏いちばんの可愛いを目指そう♡モテカワメイク術