最近よく、顔は泡で洗った方が良いと言われてますね!でも、泡立ては面倒だなと思う方も多いと思います。そんな方にオススメの、泡で出てくる洗顔のご紹介をします。

クレンジングと洗顔の違い


 

出典:www.photo-ac.com


みなさんはクレンジングと洗顔の違いを知っていますか?

実はそれぞれに役割があり、両方ともサボってはいけないお手入れなんです!

 

クレンジングは、メイク落とし!というイメージが強いと思います。

もちろんメイクを落としますが、車の排気ガス・花粉・PM2.5・料理の油汚れなど油性の汚れを落としてくれるものです。

なので、メイクをしない日でもクレンジングをすることが大切です。

車の排気ガスや花粉などは、誰にでも当てはまるので男性も本当は必要なお手入れなのです。

 

そして洗顔は、水性の汚れを落とします。

主に垢やフケで、古い角質を落とします。

 

この2つのお手入れをW洗顔と言い、お肌の汚れを落としてくれる重要なものとなります。

このようにクレンジングと洗顔では落としてくれる汚れの種類が違います。

 

そこで気になるのがクレンジングと洗顔のオールインワンです。

お忙しい方には大変便利なものですが、水性・油性の汚れを1つのものでは100%中々落とせないので出来れば別々になっているものをオススメします。


泡で洗う大切さ


 

出典:www.photo-ac.com


顔を洗う時は、泡でしっかり洗いましょう!と最近では定着してきています。

分かってはいても時間がない方や、きめ細かい泡まではいかずに洗っている方も多いと思います。

そこで泡で洗うメリットをお教えします!


まずは、お肌への負担が減るということです。

泡で優しく洗うことにより、手と肌の摩擦が減り肌への刺激が最小限となります。

お肌へ刺激を与えてしまうと、シワやシミの原因となってしまうので泡で優しく洗うのが大切です。

洗うときは、泡を顔に乗せて泡を転がすように洗います。

そのときなるべく手が顔に触れないようにすると摩擦がないので良いです!
 

泡立ての仕方


 

出典:www.photo-ac.com


洗顔料の泡立ての仕方は、色々な方法があります。

手で泡立てる人、泡立てネットを使う人、そして今回のテーマである泡で出てくるタイプのものを使用する人。

もちろんどの方法でも大丈夫です。

大切なのは、きめ細かい泡と量!

だいたいテニスボールくらいの量あればオッケーです!

 

手で泡立てる人は、時間はかかるかもしれませんがきめ細かい泡を作るのには良い方法です。

 

泡立てネットは簡単に泡立つので、忙しい方にオススメです。

注意としては、お風呂場や洗面台でのネット保管は雑菌が繁殖しやすいので、必ず使用後天日干ししてくださいね。

またネットはネットの網目の荒さまでしか泡立たないので、ネットで泡を作ったあとに手で少し泡立てるきめ細かい泡になるのでオススメです。

 

泡で出てくるタイプは、めんどくさがりやさんにはとても素敵な商品ですね。泡で出てきますが、きめの細かさは手で泡立てるのに比べて弱いので少し手で泡立てると洗顔効果が上がりますよ!

泡で出る洗顔料のオススメ商品


 

・肌ナチュール リッチモイストクレンジング

 

 

出典:www.cosme.net

 

内容量100g 価格1,980円

 

炭酸泡のクレンジングです。

泡なので肌に負担をかけずにメイク汚れやなんとウォータープルーフも落としてくれます。

炭酸パックとしても使えるので優れものです。

 

 

・ビオレ マシュマロホイップ

 

出典:www.cosme.net

 

内容量150ml 価格570円

 

お肌の性質によって選べるのがこちらの洗顔料の特徴です。

普通タイプの人はピンクの「モイスチャー」、乾燥肌の人は黄色の「リッチモイスチャー」、ニキビ肌の人は緑の「薬用アクネケア」、ベタつきが気になる人は青の「ディープクリア」とあります。

肌質に合わせれるので、自分に合ったものが選べます。

 

 

・ちふれ 泡洗顔

 

出典:www.cosme.net

 

内容量180ml 価格550円

 

もっちり弾力泡で、濃密なふわふわな泡が出てきます。

きめ細かい泡がすでに出来上がって出てくるので、そのまま使えるのでオススメです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

泡で顔を洗うことはお肌にも優しくとても大切です。

泡立てが面倒だという方はぜひ、泡で出てくるタイプの洗顔料を使ってみてはいかがでしょうか?

お肌にもよく、時間も短縮出来るので大変オススメです。



関連記事

・夏のトラブルに効く!美肌成分たっぷりビタミンCのスキンケアアイテム♡

・「美の象徴」白雪姫を目指そう!~メソッド3.透明感あふれる美白肌への道~

・『梅雨肌』対策は万全?実はトラブルが多い6月の肌をしっかりケア